フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 新1000円札 | トップページ | 空港にて »

2004年11月 5日

空港にて

今日、1ヶ月ぶりに飛行機に乗りました。
香港に行ったときには気がつかなかったのですが、今日、羽田空港に着いたときに飛行機とボーディングブリッジとの間に段差がありました。しかも電車とホームとの差以上に。
私も昔、車いすの方と飛行機に乗ったときにいつもこれで泣かされたことを思いだしました。
飛行機の入口ぎりぎりまでその人の車いすで行くのですが、そこから先は機内専用の車いすに乗り換えなければなりません。
その車いすは普通の車いすと違い、4輪ともキャスターですので、ただでさえ安定が悪いのですが、機内に入る最初の1段が苦労するのです。
普通の車いすですと、キャスターを上げても後ろの車輪は前後にしか行かないので、段差のへりの部分をしっかりタイヤをつければ問題ないのですが、キャスターではぐらぐら動く上に段差のへりの部分を付けることができません。
そこで、各鉄道会社が使っているような渡し板を空港か航空会社が用意してほしいと思います。
国内線の場合、車いすの方は1時間前までに搭乗手続きをするように言われているのですからそのような渡し板があれば、用意できる時間は十分にあるはずで、飛行機のサイズがぜんぜん違っても使用機材が判っているのですから数種類の中からその機材にあった渡し板も用意できると思います。
また、車いすの方が搭乗している飛行機便は間違ってもタラップが出てくるようなことがないようにお願いしたいものです。

« 新1000円札 | トップページ | 空港にて »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空港にて:

« 新1000円札 | トップページ | 空港にて »