フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 500系のぞみ | トップページ | カゴシマシティビュー »

2005年2月15日

ユートラム

ユートラム
大阪の方だと「ニュートラムの間違いでは?」と思われるかもしれませんが、別に誤植ではございません。
鹿児島市電の超低床電車の愛称です。
写真で見ると3両編成に見えますし、正確にはそうなのだと思いますが、乗客は真ん中の車両しか乗れません。
最初乗ったとき、「なんて不親切な電車だー」なんて思いましたが、前後の小さい車両は運転席だったのです。
そしてよく見ると、低床車両にありがちな車輪の部分が座席部を占領していないのです。
そう、運転席の部分にあるので、物理的には後ろから乗って前で降りることができるのです。
実際は乗降のとき、運転手が座席を跳ね上げる関係から運転手のすぐ後ろの席に乗ることにはなるのですが、「21世紀のトラム」にふさわしいと思いました。
この電車とホームとの段差はほとんどなく、隙間も車内にあるスロープで隙間ゼロになります。
ただ、残念なのは車いすで乗降できない電停の存在ではなく、車いすで乗降はできてもホームがかなり狭く、乗降が難しい人もいるだろうと思います。
それでも、これを導入した鹿児島市交通局に拍手を送りたいと思います。
また、鹿児島交通局ホームページでこの電車の運行時刻が載っているので鹿児島の観光の際、参考にしてはどうでしょう。
運賃は160円均一です。

« 500系のぞみ | トップページ | カゴシマシティビュー »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 500系のぞみ | トップページ | カゴシマシティビュー »