フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ホームドア考現学 | トップページ | 名称の変更 »

2005年6月21日

この橋渡るべからず

「この橋渡るべからず」
一休さんの話ではなく、現在の現実の話です。
大阪市内ベイアリアにある橋は船の往来の都合上、高さのある橋が多い。
だからこそ大阪市内に渡し舟があるのですが、全ての橋の近くに渡し舟があるわけではなく、その場合、橋を渡るしかない。
しかし、高さのある橋でも階段でしか結ばれていない歩道が存在する。
当然、高さのある橋なので階段も多く、車いすの方は渡りたくても渡れなく、下手すると数キロ遠回りをしなければならないところがあります。
車いすの方にとっては本当に「この橋渡るべからず」だったりします。
エレベーターかスロープで結んで車いすの方も渡れるようにしてほしいです。

« ホームドア考現学 | トップページ | 名称の変更 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームドア考現学 | トップページ | 名称の変更 »