フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 嫌がらせ? | トップページ | 38メートル »

2005年6月10日

養護学校のスクールバス

最近、スクールバスの運行を民間のバス会社に委託しているところが多いようです。
民間に委託して経費を削減するのが目的なのでしょう。財政が悪いままなので仕方ありません。

しかし、肢体不自由児の養護学校の場合、リフト付きのバスでないと大変なのでつい最近まで学校のスクールバスがあったように思います。
(注意 大阪の養護学校は市立・府立とも、同じところに住んでいても肢体不自由児と知的障害児と通う養護学校が違います。)
最近ではノンステップバスも安くなり、民間会社がバスを購入しやすくなったせいか、ノンステップバスの運行で民間委託ができるようになったのは財政難の当局にとってありがたい話だと思います。

ノンステップバスになってバスへの乗降時間も短くなったのではないかと思います。
私の想像通り、乗降時間の短縮ができたのなら、学校側にどちらかやってほしいことがあります。

スクールバスに乗車時刻の繰り下げか乗降箇所の増加です。
全ての児童とは言いませんが、普通の学校に通っている児童より肢体不自由の児童のほうが体が弱い上に、通学時間が長いので少しでも全体的に通学時間そのものを短縮できたらと思うのです。
スクールバスの乗降箇所が増えた場合、最初にスクールバスに乗る児童はメリットはないのですが、こまめに停車することによって自宅から(スクールバスの)バス停までの時間が短縮されるのでこの場合でも全体的な通学時間を短縮できます。

なかなか大変だとは思うのですが実現してほしいです。
それと、スクールバスの乗降時にはクラクションなど鳴らさないでください。

« 嫌がらせ? | トップページ | 38メートル »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嫌がらせ? | トップページ | 38メートル »