フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日

電話お願い手帳

最近、電話お願い手帳(2006年版)を手に入れました。

電話お願い手帳はNTT(地域会社)が発行しているもので聴覚障害や言語が不自由な方に代わって電話をかけて欲しいなどのメッセージを書き込めるメモ帳です。
例えば、110番や119番通報をして欲しいとか、タクシーを呼んで欲しいとか、家族に連絡して欲しいとか予め印刷されており、健聴者(耳の聞こえる方)に伝えやすくなっています。

何年かに1回福祉事務所で入手するので今回初めて見るものではないのですが、所有者=私であり、第三者所有の電話お願い手帳を見たことはありません。
つまり、今までこの手帳を見せられて電話を頼まれたことはありません。

健聴者である私が本来の目的で使うことはなく、資料とかいつか聴覚障害の方に出会った時のため…と思うのですが、聴覚障害の方とお会いするとこがないためこの手帳を渡したこともありません。

そんな私でもこのブログを書くことによって、この手帳の存在を1人でも多くの方に知ってもらうことは出来ると思いましたので今回書かせていただきました。

2005年12月27日

特急サザン

南海電鉄の特急にサザンというものがあります。
関空連絡特急「ラピート」や高野山に向かう「こうや」の陰に隠れている観がありますが、なんばから和歌山まで結んでいる特急です。
最近サザンに乗ることはなかったのですが、停車中のサザンをよく見るとサザンの中に椅子が取り払われている場所を発見しました。
そこで先日、始発駅で座席が取り払われている場所を見るためサザンの車内の入りました。
そうしたら車いすスペースだったのです。

2号車の和歌山寄りにある車いすスペースは車いす利用者のために今まであった座席を取り払ったのでしょう。車いすの方も特急を利用できるようになりました。
しかし、今まで普通の座席しかなかった車両に車いす席を準備したのでかなり無理があります。

  1. 今まであった座席を取り払ったので座席があったところの穴をふさぐために板を埋めているので凹凸がある。
  2. 車いすトイレの設置まで車両構造上できない。
  3. 入口の扉は今まで通りなので車いすの幅によっては電車に乗れない。

厳しいことを書きましたが、現行の状態でバリアフリー化にした努力は買いたいので、新車導入の時は今までにないようなバリアフリー車両を導入してください。

2005年12月26日

今更ながら気付いたこと

雪の金沢に行ってきました。
大阪では雪が積もることはないため気にもしていませんでしたが、滋賀県北部の駅でもホームに雪が積もっている状態でした。
夏場だと100%使えるホームも雪が積もれば雪置き場にも使われるのでせめて電車が停まる位置だけでも屋根があれば…と思いました。

また、駅にあるスロープも雪が積もっていたりするので車いすの方や手押し車を押しながら歩いているお年寄が電車に乗るのが大変だと感じました。
雪国で足の悪い方が公共交通機関だけで外出する機会は少ないのかもしれませんが、ないとは言い切れないので雪国ならではの事情も考えた上でスロープには屋根をつけることも必要だと考えさせられました。

直接、バリアフリーとは関係ない話ですが、地元の方の除雪作業風景を見て、除雪は思ったよりも大変だと感じました。
最近、ごみ焼却場から排出される熱を利用して温水プールにしたり発電したりしていますが、これを融雪作業の熱源に出来ないかなと思いました。
融雪溝の底を暖めて雪を溶かし、溶けた雪を下水に流すことで少しでも歩きやすい道路になるのではないかと思うのですが…

2005年12月25日

福祉車両専用乗降スペース

金沢駅東口に福祉車両専用の乗降スペースがあります。
言うまでもなく、対象車両は福祉車両に限定されます。
もちろん、金沢駅だけこのようなスペースがあるわけではないのですが、ここの特徴はこのスペースで乗降している限り、濡れることはありません。

他の場所は駅の入口の近くにはあるのですが屋根がなかったり、歩道の部分だけにしか屋根がないので、後ろから乗り込む福祉車両に乗っていると傘をささない限り濡れてしまいます。
ここは車全体に屋根がかかっています。
この季節、雪のため車の乗降が難しいのでこういうところがあると助かります。
 

2005年12月12日

違和感

静岡県内のJRの駅(在来線)に車いすの方は乗車の2日前に連絡をくださいという旨の看板が掲げられている。
理由は車いすの方を待たせないためのものなのだけれど、そんなものをよそで見たことがありません。
本来、誰もが気軽に乗れるようにするのが公共交通機関のはずで、この手の看板を見ると違和感を覚えます。

名誉のために付け加えると静岡県内のJR駅のバリアフリー度は意外と高く、ノンステップバスも良く見かけます。
2日前までに連絡をしなければいけない理由は一種の保険なのかと勘ぐったりします。

大阪でその手の看板が掲げられてたら間違いなくクレームの対象です。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »