フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 駐停車禁止対策 | トップページ | バリアフリー観光情報端末 »

2006年1月10日

特急しおかぜ

岡山駅で松山行きの特急しおかぜを見ました。
(高松に行った時なので私は快速マリンライナーに乗りました)
新しい車両と言うこともあり、車いす席がありました。
しかし、今までの特急と違っていたことがひとつありました。

4号車に設置されていた車いす席は自由席でした。

 

今まで車いす席は指定席が普通でJRの特急は身障手帳を提示しないと発券されません。
もちろん、これは本来その席を必要とされる人が使えるようにするための措置なので発券に時間がかかるとか当事者から不満を聞くこともありますが、その都度、反論をしています。
何しろ、在来線の特急の場合、車いす席に乗れたら、隣の人はいないので、その席をわざわざ狙う人も出てくる恐れがあります。

話を戻して、自由席の車いす席は特急電車にもかかわらず、車いす利用者の優先席というステッカーが貼ってありました。

しかし、当然のことながら自由席ですので、健常者が普通に座っていました。
車いす利用者が途中乗ってきたら、優先席である以上、その乗客は譲ることになるのでしょうが、特急電車と言う性格上、荷物もあると思いますし、一筋縄では行かないケースが出てきそうです。

クレーム回避の為には、車いす席は指定席の方がいいのではないでしょうか?JR四国さん。

« 駐停車禁止対策 | トップページ | バリアフリー観光情報端末 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駐停車禁止対策 | トップページ | バリアフリー観光情報端末 »