フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« バリアフリー観光情報端末 | トップページ | 美味しいお店を紹介できない理由 »

2006年2月 4日

幅の広い改札機でも…

私、西九条は時々、自分自身のことについて調べることがあります。
どんなことを書かれているのか気になります。
そこで、「西九条舞」・「アクセスの小箱」・「(アクセスの小箱の)コンテンツ名」などをググッたりします。

ほとんどの場合、私自身が書いたものか相互リンクしているサイトのリンク集のページが表示されるのですが、中には意外なところから表示されることがあります。

Q&AのコミュニティーサイトのOK WAVE(教えて! gooはこのサイトを共有しているそうです)なのですが、そこで回答者が書く参考URLのところにこのブログのURLが書かれています。
それが、2004年8月12日付けのこのブログ、「障害者割引のきっぷを買うには…」です。

このサイトが人様のお役に立ってうれしいと思っている西九条でした。





で、タイトルとの関係は?

そうでした。

今回はその続編です。
障害者割引の切符を購入した後のことです。
ほとんどの鉄道会社の切符はそのまま自動改札に通るのですが、京阪と京都の叡山電鉄は入場時、自動改札に切符を入れると受け付けてくれません。

係員のいるところで(障害者・療育)手帳と切符を見せて改札を通ることになります。
(ちなみに降車駅では自動改札で通れます。)

入口によっては係員がいない改札口で幅の広い改札機があっても身障割引の切符では受け付けないので遠くの改札まで行かなければいけない場合があります。
このケースも不正乗車防止のためだと思われますが、行楽シーズンで係員が他の乗客の受け答えが長引くと電車に乗り遅れそうになります。(T_T)

« バリアフリー観光情報端末 | トップページ | 美味しいお店を紹介できない理由 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バリアフリー観光情報端末 | トップページ | 美味しいお店を紹介できない理由 »