フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 画期的な制度 | トップページ | 機密性は高いけど… »

2006年3月17日

床面の利用

Pict0043
阪神梅田駅東改札口の階段の降り口(B2F)です。
地下街につながるB1から階段を下りると床面にこんなのが見えました。
確かに階段を下りるときっぷ売り場がどこなのか初めての方は分かりません。

また、下を向いて階段を下りているので天井からぶら下げている案内板より分かりやすいかもしれません。

不特定多数の人に隠れたり、踏まれたりするのですぐに見えなくなったりする欠点はあるのですが、これはこれでありなのではないかと思います。
これとよく似た例ではJR大阪駅御堂筋南口の近くにあるアクティ大阪に行くスロープの床面にスロープのピクトグラムがあります。

これも階段と区別するために有効ではないかと思います。
床面を利用する案内表示の更なる導入、お願いします。

« 画期的な制度 | トップページ | 機密性は高いけど… »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 画期的な制度 | トップページ | 機密性は高いけど… »