フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日

新しい形態の作業所

JR吹田駅の近くに旭町商店街という商店街があります。
その商店街の中に「ポコポコ亭」という飲食店があります。

他の飲食店と違うところは、実はこのお店、知的障害者小規模通所授産施設です。
小規模の授産施設といえば、小物類やクッキーなどを作るところが多いのですが、食堂(店にはレストランと書いてますが)という形態はあまり聞いたことがありません。

私がこのお店を知ったのは仕事で吹田に行ってたまたま通りがかったのがきっかけなのですが、明るい店内と駅から近い場所にあるのでたまに利用しています。

味の方は決して美味しくはないのですが(でも、まずくもない)、お値段が安いので仕方がないでしょう。
私個人的にはもう少し払うから美味しくして欲しいと思うのですが、授産施設であるこのお店に働いている障害者が利用できないくらいのお値段になるとシャレにならないので、これが妥当なのかなと思ってしまいます。

小物類は正直言ってある程度持つともういらないし、クッキーも毎日要らない。
でも食堂なら毎日通って昼食をとってもいいし、福祉関係者ではなく一般の方が利用するかもしれないので、地元の方とのふれあいを重視する意味でも有効ではないかと思っています。

これからも「ポコポコ亭」にはがんばって欲しいと思います。

2006年6月19日

堺浜シーサイドステージ

堺浜シーサイドステージに行ってきました。
少し前の情報誌に採り上げられていたので一度行ってみたいとは思っていましたが、2ヶ月ほど遅れました。

南海堺駅から南海バスに乗っていくと工場に囲まれた場所で、どう考えても近くに誰も住んでいないことはわかります。
駐車場は広く車で行く分には申し分ないのですが、バスだと結構不便です。
そのバスはスロープ付きのワンステップバスですが、そのスロープをあまり利用する事はなさそうな気がします。(それでもアクセスがそれしかないので必要だと思いますが)

堺浜えんため館の中にMOVIX堺があるのですがそこの車いすトイレは先日、設置していて驚いた視覚障害者用の案内装置がここにも付いていました。
(オストメイトの設備やユニバーサルベッドもありました。)

また、このえんため館は2階建てでエレベーターもエスカレーターも付いているのですがエスカレーターは車いす対応のタイプがありました。

初めからエレベーターもエスカレーターも付いている施設(駅を含めて)で車いす対応のエスカレーターと言うのは実はあまりありません。
設置者がどのような考えで車いす対応にしたのかは分かりませんが、いいことだと思います。

業務用のエレベーターはメンテナンスを義務付けられています。
その間、エレベーターは停止します。
この停止している間に車いすの方が垂直移動することが不可能に近くなります。
それでも車いす対応のエスカレーターがあれば、少々時間はかかるけれど、確実に垂直移動ができます。
細かい配慮に感心しました。
緑地部分も含めてこれから発展するものだと思いますが、誰もが行きやすい街になればと思います。

2006年6月 9日

ここに物を置くべからず

昨日、久しぶりに家族でとあるファミレスに行きました。
1階が駐車場で2階が店舗のどこにでもある都会のファミレスですが、エレベーターが付いていました。
食後、トイレに行ってみたら、珍しく車いすトイレがありました。
しかし、その扉を開けると…

車いすトイレが物置になっていて利用したくなくなる場所へ変貌していました。

稼働率が悪いからハンディキャップルームを一般の部屋に改造した某ホテルのような発想です。
とは言え、意外と多いのです。車いすトイレの中に物を置いてある光景が。
もう辞めませんか?車いすトイレの中に物を置くこと。

2006年6月 8日

SDJ

仙台行きは往復とも飛行機で行ったのですが、往路はさっさとバスに乗ったので空港探検ができなかったのですが、帰りは飛行機に十分間に合うように到着したので余裕がありました。
そこで車いすトイレをチェックしてみました。
仙台空港1階のとある車いすトイレがすごかったのです。

センサーで人を反応したら音声でトイレの案内をしてくれるのです。


一般のトイレで音声案内をされたら、かえって不便なものになると思われますが、車いすトイレなら他のトイレとも離れているのでいいかもしれません。

また、セキュリティーエリアの中の喫煙室は車いすの方に合わせて灰皿も低い位置に取り付けてありました。

私自身、タバコを吸わないし、タバコを吸う介助までしたくないですが、車いすの方もタバコを吸いたい気持ちは分かりますので、喫煙室に車いす使用者用の灰皿があることそのものはいいことだと思います。

到着した伊丹空港ではそのような灰皿を見なかったので、バリアフリー度が進んでいるのかなと思いました。

仙台空港で久しぶりに飛行機に乗るのにバスに乗ったことを除けば。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »