フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月15日

ミント神戸

10月4日にオープンしたミント神戸に行ってきました。
震災の影響で今までなかった建物だけに地元の方も期待していたと思います。
できて1週間以上たったにもかかわらず、ちょくちょく入場制限がかかっていました。

変わっているのは1階の売り場が全くないこと。

1階はバスターミナルになっていて高速バスが頻繁に来ていました。

9階から12階はOS cinemas(シネコン)で8スクリーンがあるのですが、車いすの方は9階から上は業務用のエレベーターに乗るものと思われます。

車いすトイレは地下1階・4・6・7・8・9階にあり、9階のみユニバーサルベッドであとはベビーベッドがあります。
そういえば、オストメイト対応でなかったです。

地下1階は食料品と軽食?があるのですが、実はこのフロア車いすの方が行きにくいところで、エレベーターでこのフロアに下りてもダイエー以外の店舗に行けません。
P1010226 この数段の段差のために、OPAの地階にも連絡できません。
さんちかなんて問題外でもっと階段があります。
もっと何とかならなかったの?と言いたい気分です。


2006年10月12日

イオン大日ショッピングセンター

イオン大日ショッピングセンターに行ってきました。

P1010195 最近の車いすトイレにベビーベッドがついていることが多いのですが、新しいところですと跳ね上げ式のベビーベッドが殆んどですが、ここは珍しく、写真のように据え置き式です。
この分、車いすトイレの有効スペースが減りますが、ベッドそのものの安定性とかそれなりの理由がありそうです。
 
店内はカーペット敷きで車いすでの店内移動はちょっと辛そうです。
P1010197 なかなか面白いと感じたのは、カーペットでトイレのピクトグラムを作ったことでしょうか?
個人的にはエレベーター版も作って欲しいです。


意外とエレベーターが多かったので垂直移動は比較的楽でした。

地下鉄とモノレールが連絡しているのですが、店内に地下鉄連絡とかモノレール連絡の表示が少ないのはかなり問題あり。
また、モノレールとの連絡通路のある2階は面一ではなく、エレベーターで連絡しているとは言え、アクセス性が悪いです。

あと、モノレールの方ですが2階改札の営業時間が20:00までというのが問題で、ショッピングセンターの閉店時間よりも遥か前にクローズします。
(個人的には車いすの方は1階でモノレールの乗るほうが、エレベーターに乗る階数が1回少ないのでいいと思いますが)

バリアフリーの観点からは改善の余地があると思いますが、かなり大きいというのが第一印象であることは間違いありません。
車いすの方が乗られるかどうかは別ですが、1階から地階にかけてオートスロープ(エスカレーターのスロープ版)が設置されています。(関西ではあまり見かけませんね。)
今日は駆け足で見てきましたので、見落としているかもしれません。
店内探検してみるのも面白いとおもいます。

2006年10月 9日

ひろしまお好み物語 駅前ひろば

10月5日にオープンしたひろしまお好み物語 駅前ひろばに行ってみました。
とは言っても、るるぶFREEを見なかったら、存在すら知らなかったと思いますが。

広島駅前にある広島東郵便局の向かいの建物の6階にあります。

ダイエー広島駅前店が閉店した跡に入っているところで、内装の真新しさから見るとオープンに向けて、結構改装をしているようでした。

昭和40年代の屋台スタイルなんだそうですが、カウンタースタイルだと車いすの方が食べにくいのは否めません。(全店全席カウンターです)

幸い、椅子は固定ではなく、間仕切りの類はないので入店できないわけではないですが…

個人的にはチェーン店でなさそうなお店が並んでいるのがうれしい。
(スミマセン。バリアフリーとは関係ないですね。)

車いすトイレがチョット・・・なんです。
広さはあるのですが、フラッシュが後にあったり、洗面台は小さいし、鍵もかけにくく、ここの改装はちゃんとしたのかなと思ってしまいます。
(水まわりの改装は難しいですが)

ただ、通路はしっかり取っているのはありがたかったです。

2006年10月 8日

宮島航路

P1010152 JRの宮島航路です。

宮島航路にバリアフリー船が就航したと聞いたので、宮島航路に乗ってみることにしました。




  

P1010154 今まで宮島航路に車いすの方が乗船すると言えば、客室へは階段でしかアクセスできなかったため、車が停留しているところにいなければいけませんでした。
それが、このバリアフリー船では、バリアフリールームという客室が1階にあり、段差なしで入ることができます。

私が乗船した便も車いすの方やベビーカーを押している方を見かけました。
窓がある分、上の客室と比べたら、景色が悪くなりますが、それでも今までいた車とずっといる状態から比べたら全然違います。特に天気の悪い日とか、夏暑かったり、寒い冬の日に外にいなければいけない状態からは解放されます。
P1010153 また、10分少々の船旅ですが、車いすトイレもありました。

トイレの中までチェックできなかったのは残念でしたが、ありがたい話です。


ただ、この船、全便がバリアフリー船ではなく、2,3隻で運航している宮島航路のうちの1隻だけで、15分ごとで運航している場合は2便に1本、10分間隔で運航している場合は3便に1本の割合で運航されていると思われます。

早く、航路におけるバリアフリー化も実現して欲しいと思います。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »