フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日

ハートラム

高知に行ってきました。
P1010617 高知市内を走っている「とさでん」(昔は「土電(とでん)」と呼ばれていましたが、今は車体にも書かれている通り、とさでんになっています。)に低床式の市電が走っていると聞いたので、乗ってみました。

この電車、
観光客が乗りそうな高知駅からは出ていない。

ホームと電車との関係からなのでしょうが、納得できない。
松山のいよてつのように小さなサイズの市電で導入したらよかったのではないかと思う。


P1010616 電車は東西に伸びる御免線と伊野線で運行していて、区間は主に領石通からはりまや橋を経て鏡川橋なのですが、車いすスペースは御免方面の運転席の後にあります。

ホームそのものの広さがあまりないのと、区間によっては安全地帯ではなく、道路に電停のスペースらしきものが線で書かれているだけのものがあるので車いすの方が乗降することが難しいところも結構あります。

古い車両を大事に使っていることもあって、低床式の市電が導入されない。
もっと導入に積極的でもいいのではないかと思いました。

2006年12月26日

金沢フォーラス

金沢に行ってきました。
前回金沢に行った時はまだ建設中だった、金沢フォーラスがオープンしていました。
P1010563 イオングループのファッションビルなので、チョット前に行った大日イオンショッピングセンターとよく似ています。
もちろん、金沢駅前の1等地にあるので巨大な駐車場はありませんが(それでもフォーラスの中の駐車場だけでも461台のキャパはがあります)、シネコンも出展企業も結構似通っています。

さすがに6階の「ダイニングリゾートKUUGO」はチェーン展開こそしているものの、大阪とは違っていました。

車いすトイレもやはり、大日とよく似ていてベビーベッドが折りたたみのものではなく、固定式のものでした。
ただ、3階の車いすトイレが若干広いなと感じたほかは少し圧迫感がありました。

地元の人向けの商業施設であり、金沢駅前という立地に関わらず、おみやげ物店の類がないのも観光客の評価はともかく、地元客を優先する意識が感じられます。
ただ、地階がなく、金沢駅前の地下道と接していないのは少し不親切。
バスターミナルを迂回するルートだと意外と面倒。
また、金沢駅前に百貨店がないのでデパ地下を設置してもよかったのではないかと思いました。

金沢駅自体、エレベーターのある駅ですし、金沢はノンステップバスも多いのでここまでのアクセスは良さそうですが…

2006年12月17日

新風館

京都・嵐山花灯路の帰りに新風館に寄りました。
P1010538 もともとは逓信省時代の建物があったのですが、現在は商業施設になっています。


私は知らなかったのですが、もう、6年近く前にオープンしていて、クリスマスの電飾は有名みたいです。

車いすの方は烏丸通りの方にスロープがあります。(姉小路通り側からは階段のみです。)

エレベーターは1ヶ所のみですが、車いすトイレは各階にあります。
結構広々としているのは好印象です。
最上階まで吹き抜けの構造なので回廊のようになっていて、エレベーターから対角線上のお店に行くのはチョット辛いです。

敷地の広さに比べて人が少なかったので買い物はしやすいイメージでした。

今度はもっと時間のあるときに行きたいです。

2006年12月12日

アストラムライン

広島に行ってきました。
本来の目的ではなかったのですが、アストラムラインに乗ってきました。
アストラムラインは新交通システムで市街地である本通駅(広電だと1停留所ありますが、そんなに離れていない場所に紙屋町があります)と広域公園前(サンフレッチェ広島のホームスタジアムである広島ビッグアーチの近く)という場所を結んでいます。
昼間でも10分間隔で小さいですが6両編成の電車でやってきます。
P1010486 新交通システムでは当たり前のようにあるホームドアも新しくできた路線にあるエレベーターもしっかりあります。


P1010485_1  もちろん、車いすスペースも折りたたみの座席を上げたらこのように車いすスペースとなります。
広島駅へは大町駅からJR可部線に乗り換えれば済むので、この沿線に住んでいる車いす障害者が利用するのは、駅近くに住んでいる限り、便利ではないかと思います。
運賃が少々高いのが欠点ですが…

あと少し、もう少し…

P1010473_2最近できた岡山駅のエレベーターです。
5・6と書かれているものは、改札階(中央口)から5番・6番ホーム(在来線)へのエレベーターであることを示しています。

岡山駅みたいに大きい駅はエレベーターも複数あり、ひとつ間違うと別のホームに行くとなると大変です。

また、5・6番ホームだけが山陽本線(下り)の乗り場ではないため、○○方面行きと表示はできないのでこれはこれで仕方がないことかもしれません。

ただ、少し配慮が欲しかったのは、エレベーターの入口に電光掲示板で「何時何分発ドコソコ行き」というような表示は欲しかったです。
改札口には表示されていますが、私のような乗り換え客は少々辛いし、改札に入ってすぐに目的のホームに行く人はいいのですが、トイレとかお土産などを購入してからだと乗り場を忘れることもあるでしょう。

これからはそういう人の配慮は大きな駅の構内では必要になるのではないかと思います。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »