フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月14日

JR東海の新快速にて

JR東海の新快速車内の車いすトイレの中です。最近できた新しいタイプの車両です。

P1010668 よく見ると扉を閉めたところに点字表示があります。

今までそんな車両はなかったので驚いて場所を選ばず写真をとりました。

P1010669 そういえば、新幹線の車いすトイレにはベビーベッドがなかったと思いますが、新快速の車両にあるので好印象です。

ベビーベッドはJR東海の少し古いタイプの車両にもあったので、ほかの鉄道会社もまた新幹線にも設置してほしいです。

P1010670 手洗い場の少し上を見ていただくと押しボタンがありますし、下には緊急ボタンもあります。

押しボタンはドアの開閉ボタンですが、個室内に2ヶ所開閉ボタンがあり、出入口付近の位置では届かない人もいるので、ありがたいです。

広さも限られたスペースの中で最大限に広げていると思います。

こういう車両が増えればいいなと思います。

2007年1月 9日

高松丸亀町壱番街

徳島から高松に寄りました。

この写真を見る

前回まで建築中だった高松丸亀町壱番街がオープンしていたので早速入ってみました。

ここの特徴は大手資本ではなく地元の小売業者が中心になっていることと民間主導の再開発であること。

5階以上は住居スペースで、4階までは商業スペースで2-4階は東館と西館をつなぐ渡り廊下があります。もちろん、エレベーターもついています。

西館2階にある車いすトイレに行ってみるとせっかくのオストメイトの設備が水漏れらしき状態でした。原因は見た感じですが、配水管のズレだと思いますが、洗浄ボタン部分が便器に向かって左側にあるので手すり代わりに使って配水管に無理な力がかかったのではと思います。

これでは設備も台無しなので、これから設置する分は便器とは別の汚物処理を設けて手すり代わりに使われないようにするのがいいかと思われます。

各フロアにあるテーブル・イスつきのスペースは好印象でした。

生活するための移動距離を短くすることが高齢化社会に対応できる街づくりの基本となると考えられます。

郊外型のショッピングセンターではできないことが商店街にできると思います。

丸亀町商店街が日本初の事例となるように頑張ってほしいです。

2007年1月 8日

駅名ナンバーリング大丈夫?

この写真を見る
徳島に行ってました。
JR四国では地下鉄などと同じような駅名ナンバーリングをしています。

JR四国はJRの中で唯一駅名ナンバーリングをしているところです。
ここのナンバーリングの特徴は、写真の徳島駅でもそうなのですが、00というナンバーが付いていること。
他線との接続駅などでは複数のナンバーリングをしていますが、2つとも00なのはJR四国の駅でもここだけです。

そして予讃線や土讃線は距離が長いせいか、松山駅や高知駅で高松側とナンバーリングの記号を変えています。
(松山駅のナンバーリングはY-55とU-00であり、高知駅のナンバーリングはD-45とK-00です。)

もちろん、駅名ナンバーリングのメリットは十分わかっていますし、基本的には賛成です。


問題なのは、地下鉄などとは違い、駅間距離が長いことです。

人口の増加などで新たに駅を設置するようなことがあれば新駅のナンバーリングはどうするのでしょうか?
枝番のようなものをつけるのがもっとも手っ取り早いのですが、そうするとナンバーリングの意味もなくなってくるし、該当する線区だけ取り替えるのも不経済だし。

もしかしてJR四国では新駅の設置はないという意思表示なのでしょうか?

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »