フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月26日

Green Mover MAX

P1010925広島に行ってきました。

運行されているのは知っていましたし、実際に見たことはあったのですが時間の都合で乗車を見送った電車です。

実は広島駅前から宮島口に行く路線でした見たことがなかったので、広島港(宇品)電停で見たときは驚きました。


P1010926広島港(宇品)電停が新しくなった(のは聞いている野ですが、今まで行ったことがありませんでした)ので電車とホームとの段差はゼロですが、既設の停留所だと多少段差があります。







P1010927車いすスペースもしっかりとあります。
また、床面に車いすの人やベビーカーの人優先の表示があるのがうれしいです。
細かい配慮です。








ただ、この電車サイズが大きいので、以前から連結車両で運行していた宮島口直通の路線ならともかく、宇品方面の電停には
ホームの長さより電車の長さのほうが長いところも結構多くあり、車いすスペースのある乗車位置も考えて乗らないと大変です。
他の路線では乗り入れもできないところがあるので小型の路面電車でノンステップの路面電車の導入をお願いしたい。

2007年3月23日

神戸-関空ベイ・シャトル

P1010892_2 神戸-関空ベイ・シャトルに乗ってきました。
神戸空港から関西国際空港を結ぶ高速艇です。
バスも含めバリアフリーということで関心がありました。

三宮からポートライナーに乗って神戸空港駅へ。

 P1010883 神戸空港から桟橋までバスに乗ります。

バスに乗らなくても5分歩けば桟橋まで行きますし、迷うこともないのですが、バスは無料なので使わない手はありません。
このバスはノンステップバスでした。

P1010884バスのドアの下にスロープを格納してあり、車いす利用客がいるとスロープを出すことになります。







P1010885車いすスペースの部分は座席がなく、固定ベルトがついています。

車いすスペースの近くには空港アクセスバスの性格上、荷物の収納スペースになっています。





P1010888船の入り口です。
ここもスロープが出てきます。
ちなみにこのスロープは桟橋側のスロープではなく、船についているので関空側も同じ物が出てきます。





P1010890乗船時間は30分程度なのですが、車いすトイレもあります。







車いすスペースもあり、バリアフリー度はかなり高いです。
また、関空側のバスはワンステップバスでした。
乗り換えの多さがベイシャトルの乗船率を下げているのでしょうが、職員の対応を含めて私は好印象でした。

2007年3月12日

MOMO

P1010834岡山に行ってきました。
時間の都合で観光らしきものはできなかったのですが、ノンステップの路面電車が走っているのを聞いたので乗ってみました。
電車の愛称はMOMOです。
岡山ですので、愛称の由来は言うまでもないでしょう。

P1010835 ホームと床の間はノンステップですが、渡し板的なものはないので慣れていないと辛いかもしれません。
ただ、ホームが狭いなど渡し板以上に大変なところもあるので何とも言えません。
P1010836 運転士の後ろに車いす席があります。
固定金具はあるのですが、スペースとして特別にあるわけではなく、開いている空間を使う感じです。
ドア付近に車いすをつける形になるかと思いますが、岡山の場合、ドアが開く方向が一定ではないため、車いすの方がいる方に扉が開くと少し気まずいかなと思います。
それでも今までの路面電車は段差だらけなので車いすの方が乗れないものでしたので評価できます。
ただこの電車、曜日によって運行路線が違います。

金・土・日・月 岡山駅-柳川-城下-西大寺町-東山
火・水      岡山駅-柳川-郵便局前-清輝橋
(木曜日は運休です)

だから、曜日が違うと乗る機会がまったくありません。
あと1編成でもあればと思います。

窓が大きいし、近未来的なデザインといい、車内空間もいいのでバリアフリー以外の点からも機会があれば乗ってみてください。

2007年3月 4日

JR米原駅

P1010789JR米原駅のホームの段差です。
段差が結構あるのがわかってもらえますでしょうか?
在来線のホームなのですが、3・4番ホーム以外、つまり、5・6番ホームと7・8番ホームの2つは写真のように段差のあるホームなのです。

機関車で引っ張っていたときの名残でこのように段差があるのですが、今はそんな列車が米原駅に止まるのは皆無で、米原駅で電車を降りると乗った駅とは全然段差が違うので驚くことになります。

私のように歩ける人ならまだ驚くだけで済むのですが、足が悪かったり、車いすの方ですと乗り降りが大変です。

現在、米原駅では米原市において米原駅東西自由通路整備事業に基づいて駅を工事していて、エレベーターも設置される予定になっていますが、これにあわせてJR西日本でも米原駅のホームのかさ上げを行ってほしいと思います。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »