フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« なんばパークスシネマ | トップページ | 街中の自転車屋さん »

2007年4月30日

自動改札機

4月に関西のPiTaPaエリアが拡大して自動改札機もICカードに対応するものに変更になりました。

JRのICOCAは基本的にはすべての改札機がICカード(ICOCAやPiTaPaなど)対応しているのですが、PiTaPaエリアでは、ICカードと磁気乗車券が両方使えるもの(ICOCAエリアは簡易改札機を除き、このタイプしかない)、ICカードのみ使える改札機、磁気乗車券しか対応していない改札機があります。

磁気乗車券しか対応していない改札機はどの会社も色が違うので分かるのですが、ICカード対応の改札機については各社まちまちです。

大手の私鉄ですと「IC専用」などと分かりやすい場所に書かれているのですが、神戸電鉄の改札機はICカードが使えたら、磁気乗車券が使えようが、使えまいが赤色の改札機です。

磁気カード乗車券を持っている私は困りました。
通る改札機を変えないといけない場面がありました。

改札機を色分けされただけで迷う人がいなくなるわけではないのですが、そういう努力は必要でしょう。

あと、神鉄岡場駅の改札は困ったものです。
幅の広い唯一の自動改札機がICカード専用で車いす障害者は別のラッチから出入りすることになります。
現在、PiTaPaエリアでは身障割引用のICカードは存在していないため、幅広の改札機は磁気カードも使えるタイプにしてほしいです。

« なんばパークスシネマ | トップページ | 街中の自転車屋さん »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんばパークスシネマ | トップページ | 街中の自転車屋さん »