フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 自動改札機 | トップページ | 出入口番号・乗降位置番号 »

2007年5月 8日

街中の自転車屋さん

街中で車いすにアクシデントが起こったら大変です。
ありそうなのがパンク。
私も何回か遭遇したことがあります。
ブレーキやスポークは自転車と車いすでは若干違うのでどうにもなりませんが、パンク修理は自転車屋さんもできそうです。
車いすメーカーや福祉用具店だとすぐに来てもらえないし、パンクで何日も車いすに乗れないことにもなりかねません。
(もちろん、その場合は代車という形をとられますが…)
自転車のパンク修理程度の値段ならお金を払ってパンク修理をしてもらう方も多いのではないでしょうか?
30分もかからないですし。
大阪は人口が多い上に自転車の所有率も高いので、自転車が多いのである。
当然のことながら、自転車屋さんも多い。
(さすがに都心部には少ないですが)
ここで業界団体の方が音頭を取って、「自転車屋さんの車いすパンク修理」を後押ししてほしい。
パンク修理のあいだ、車いすから乗り移る椅子(背もたれ・肘掛つき)と車いすのパンク修理ができる技術さえあれば認定し、携帯用のHPで公開するというシステムはいかがだろうか?
大きなお店でないところが多いので、痒いところに手が届くサービスがこれから必要ではないでしょうか。
パンク修理なんて自転車屋さんなら特別に必要な技術ではないのだから。
もちろん、今でも修理している自転車屋さんもあるとは思うのですが、「知っている人だけが利用している」ものではなく、「知らない人でも利用できる」ようにする必要があるとおもいます。

« 自動改札機 | トップページ | 出入口番号・乗降位置番号 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自動改札機 | トップページ | 出入口番号・乗降位置番号 »