フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 御影クラッセ | トップページ | 時代の流れとはいえ… »

2008年4月17日

少しの改造で済む話

P1050220車いすの方とノンステップバスに乗車しました。
写真は座席を折りたたんだ後の降車ボタンです。
今までのノンステップバスの降車ボタンといえば、ボタンの位置が上向きではなく、横向きだったので、車いすに乗っている人からは押しにくいものでした。
それが、今回乗ったノンステップバスは降車ボタンの向きを改造されていてよかったです。
改造といっても電気系統に詳しくはない私でも降車ボタンを載せられる程度の箱に配線を延ばし取り付けただけの簡単なものでしょう。
座席にした状態でこの降車ボタンが下に向かず横に向くので間違えて降車ボタンを押す可能性を考えていたのだろうか?と考え込みました。

ちょっとしたことですが利用する人が使いやすい物にしてほしいです。
ノンステップバスなど公共交通機関を利用する車いす利用者が多い大阪ならではな話なのかもしれません。
とはいえ、リフトつきバスでは昔から降車ボタンは上向きにあったのですが…

« 御影クラッセ | トップページ | 時代の流れとはいえ… »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御影クラッセ | トップページ | 時代の流れとはいえ… »