フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 乗車ドアの点字表示板 | トップページ | ミーナ京都 »

2008年6月10日

評価できる改革

先日、名古屋の地下鉄に乗車しました。
以前、車いすの方とここの地下鉄に乗車したときは何が何でも車掌の前のドアに案内する駅係員と言い争いをしたことがあります。

降車予定駅で先頭車両で降りると出口に一番近いからその旨を伝えたらしぶしぶそこまで案内してくれました。

しかし、先日乗車したらあまりにも変わっていたので驚きました。

名古屋市交通局のHPにも載っているのですが、エレベーターやエスカレーターの乗降位置に1番近いドアを調べてその乗降位置まで案内してくれました。

やはり、こういう情報は私のような人間ではなく、鉄道事業者側で把握しておくべきものだと思いますし、電車を降りてからスムーズに行動ができることは障害のある方にとってもいいことだと思いますし、鉄道事業者側としても費用のかからないバリアフリー対策であると思います。

他の鉄道事業者も自社内の事を把握するぐらい可能なはずですからぜひやっていただきたいものです。

« 乗車ドアの点字表示板 | トップページ | ミーナ京都 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗車ドアの点字表示板 | トップページ | ミーナ京都 »