フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 車いすの人が新幹線に乗車するときのハードル | トップページ | 上高地行きのバス »

2008年8月 7日

意外と歯科はバリアフルだが…

街中にある歯科は配水管を床下に設置する関係上、入口に段差のあるところが多いです。
最近、私が通っている歯科も例外ではありません。
しかし、この歯科が他の歯科と違うところは、スロープがありました。

車いすのタイヤの部分にあわせて2本のスロープを設置するだけのものですが、段差にあわせてスロープが作られていたので、特注品かなと思います。

さすがに診察台やトイレまでバリアフリーではありませんが、車いすの方が診察台の近くまで通れる幅はあり、後は入口だけと思っていましたが、感心しました。

歯科の新規開業が多いので、これからの歯科開業は大変かと思いますが、バリアフリーにも配慮してほしいなと思います。

« 車いすの人が新幹線に乗車するときのハードル | トップページ | 上高地行きのバス »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車いすの人が新幹線に乗車するときのハードル | トップページ | 上高地行きのバス »