フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 上高地行きのバス | トップページ | 鳥取砂丘 »

2008年8月17日

葬儀もバリアフリーの時代かもしれない

私事で恐縮ですが、先日親戚が亡くなり、葬儀に参列しました。

場所はとある集会所。

最近では葬儀会場で行われる場合が多いですが、地域の集会所で行われることも珍しくありません。

新しい公営住宅の集会所ではスロープがあったり、小さいながら車いすトイレもある集会所もあるようです。

私が行ったところはそうではなかったのですが。

最近は高齢化が進んでいるため、喪主も高齢であったり、参列者も高齢であったりします。

ですので、これからは葬儀を行うところは自宅を除いてバリアフリーにすべきかもしれません。

もちろん、斎場までの足ですが、マイクロバスに乗る場合がありますが、これもリフト付の車を用意しないといけないかもしれません。

それは、マイクロバスの運行会社だけではなく、葬儀を行う遺族側もです。

今までは車いすに乗る人が特別だったから、車いすに乗っている人間は葬儀に参列しにくい雰囲気があったように感じます。

これからは車いすに乗っている市民も一人の市民として参加すべきだと思いますし、葬儀を行う側も参加しやすい環境にすべきだと思います。

これからは車いすに乗っている人は特別な存在ではないと思うから。

« 上高地行きのバス | トップページ | 鳥取砂丘 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上高地行きのバス | トップページ | 鳥取砂丘 »