フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« あべのand | トップページ | ゲートシティ大崎 »

2008年9月23日

提案:東海道新幹線を18両編成に

大阪から東京行きのひかりに乗りました。

車いすの方と乗車したため、車いすスペースのある11号車に乗ったのですが、私の同行者以外にも車いすの方が何人か乗車していましたが、多目的スペースに乗車した1組以外は狭い通路を歩いておられました。

乗車券の買い方を知らなかったのか、訳あって敢えて車いすスペースをとらなかったのか分かりませんが、自身の車いすでは新幹線の通路は通れないので移動するのが大変そうでした。

当然のことながら、車いすトイレも11号車にあるせいか、ベビーカー持参の乳幼児連れも多かったです。

私は東海道新幹線は世界一の広告交通機関だと思っています。

高頻度で大量に輸送し、しかも時間に正確です。

当然のことながら誰でも利用しやすい乗り物であるべきだと思います。

乗車数確保のために座席を減らしたくないのは分かります。

だから敢えて現行の16両編成を2両増やし、18両編成とし、増やした2両はベビーカーやスーツケースなど置ける大型の荷物置き場を設置したり、もう少し車いすスペースを作ってほしいのです。

現実問題、2両増やすといってもホームを50メートル延長しなければいけないし、場合によっては高架橋もいじらないといけないでしょう。

今日は祝日だったので、いつもより人が乗っていることもあったのでしょうが、今の東海道新幹線はあまりにもビジネス主体であり、車いす障害者や乳幼児連れを考慮していないと思う。

« あべのand | トップページ | ゲートシティ大崎 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あべのand | トップページ | ゲートシティ大崎 »