フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月23日

ゲートシティ大崎

ゲートシティ大崎に行ってきました。

時間も時間だったので、あまり長居はできなかったのですが。

ゲートシティプラザの部分のウエストタワーの吹き抜けの部分にあるエレベーターは奥行きが狭く、幅が広い変わったエレベーターで、まるで高層ビルの窓拭きに使っているゴンドラのようなエレベーターで面白かったです。

ゲートシティプラザのフロアガイドを見て気になった箇所はオストメイト対応トイレ。

地下1階にあるのでのぞいてみました。

オストメイト対応だけでなく、押しボタン式の開閉ドアで、ベビーベッド、男子小用トイレもついて、しかも空調も効いていそうなトイレでした。

トイレの広さもかなりあり、いろいろ評価した車いすトイレの中で一番評価できるトイレでした。

JR大崎駅と直結している3階には車いすトイレがないのは残念ですが、高評価できる車いすトイレを発見できてよかったです。

提案:東海道新幹線を18両編成に

大阪から東京行きのひかりに乗りました。

車いすの方と乗車したため、車いすスペースのある11号車に乗ったのですが、私の同行者以外にも車いすの方が何人か乗車していましたが、多目的スペースに乗車した1組以外は狭い通路を歩いておられました。

乗車券の買い方を知らなかったのか、訳あって敢えて車いすスペースをとらなかったのか分かりませんが、自身の車いすでは新幹線の通路は通れないので移動するのが大変そうでした。

当然のことながら、車いすトイレも11号車にあるせいか、ベビーカー持参の乳幼児連れも多かったです。

私は東海道新幹線は世界一の広告交通機関だと思っています。

高頻度で大量に輸送し、しかも時間に正確です。

当然のことながら誰でも利用しやすい乗り物であるべきだと思います。

乗車数確保のために座席を減らしたくないのは分かります。

だから敢えて現行の16両編成を2両増やし、18両編成とし、増やした2両はベビーカーやスーツケースなど置ける大型の荷物置き場を設置したり、もう少し車いすスペースを作ってほしいのです。

現実問題、2両増やすといってもホームを50メートル延長しなければいけないし、場合によっては高架橋もいじらないといけないでしょう。

今日は祝日だったので、いつもより人が乗っていることもあったのでしょうが、今の東海道新幹線はあまりにもビジネス主体であり、車いす障害者や乳幼児連れを考慮していないと思う。

2008年9月18日

あべのand

あべのandに行ってきました。

LOFTや無印良品があべのHOOPからこちらに移りました。
また、大阪府パスポートセンター阿倍野分室も近鉄百貨店からこちらに移ったので、これから利用する方も多いのではないかと思います。

1階から6階まであるのですが、5・6階は近鉄文化サロンのフロアで会員専用なので、私が行くエリアは4階までになります。

4階に
大阪府パスポートセンター阿倍野分室がありますが、移転前と広さは変わらないのかなと感じます。
P1050892 同じ4階にあるガーデンテラスは敷居部分が段になっている程度なので、車いすの方もテラスに出ることは可能です。
(館内は禁煙なのでタバコを吸う方はここで吸うことになります。)

エスカレーターの手すりの下の部分に矢印と通行禁止のマークがLEDで表示しているのですが、表示が小さいから見過ごす方もいるのではないかと思います。
まだ、乗降口(床面)に大きく表示したほうが親切かもしれません。

また、車いすトイレは2階にあります。

オストメイト対応、ユニバーサルベッドもついているトイレなのですが、正直言って、(特に)電動車いすの方はこのトイレに入ることそのものが難しいのではないかと思います。

通路幅があまり取られていない状態ですぐに直角に2度曲がるのは技術がいります。
他の階にもあればいいのですが、この階にしかないので、車いすのステップが壁に当たる可能性が高いのではないかと思います。
このあたりは明らかに設計ミスか怠慢ではないかと思ってしまいます。

エレベーターは1ヶ所に2基あり、規模から考えると妥当かなと思います。
(日曜日の来店者は多いとは思いますが、パスポートセンターは閉まっているので、大混雑にはならないかと思います。)

個性的なお店が多くて良かったです。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »