フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 文化の違いによりバリアフリー化が進んでいる例 | トップページ | Change Hankyu Dept.Part2 »

2009年8月28日

点字構内案内

P1000231地下鉄の点字構内案内です。
私は晴眼者なので、欲しくても手に入らないもののひとつです。
(視覚障害者用のページを作るための参考資料にしたいのですが…)

とある場所にあるものを写真に収めました。
だから、音声案内用のCDは聞いていません。

でも、冊子のほうは見ています。
メインは点字ですが、墨字での案内もあります。
ちゃんと地図も凡例を用いて、点字で表記しています。
よくできた点字構内案内だと思います。

私もこの点字構内案内を見るのも随分見ていなかったのですが、大阪市交通局以外の交通機関でこの手の物を見たことがありません。
(ちなみに市バスは点字の系統案内だったと思います。)

もちろん、交通機関だけでなく、商業施設のフロアマップもこういうものがあればいいなと思います。
(テナントは入れ替わりが激しいので、テナントまでは載せられないとは思うのですが、エレベーターとか階段の位置とかだけならできそうな気がします。)
もちろん、冊子版の点字案内図を視覚障害者が容易に入手できることが前提ですが。

« 文化の違いによりバリアフリー化が進んでいる例 | トップページ | Change Hankyu Dept.Part2 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文化の違いによりバリアフリー化が進んでいる例 | トップページ | Change Hankyu Dept.Part2 »