フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« Change Hankyu Dept.Part2 | トップページ | 障害者割引で新幹線に乗るには »

2009年9月10日

モラルの欠けた人間のせいで困る人が出てくる

P1080600クロスシティ弁天町の2階にある車いすトイレです。
ここのトイレにはユニバーサルベッドがありました。
しかし、今では写真下の鎖で施錠されていて、ベッドとして使用することができません。
「使用マナー悪化のため」と書かれています。
具体的には何をしたかは書いていませんが、想像はつきます。

もともとこのベッドは子供だけではなく、オムツをしている大人がオムツ交換するときに使うものです。

正直言って、ユニバーサルベッド使った後に元の位置に戻していない例が多いのですが、もちろん、「使用マナーの悪化」の判断基準には該当していないでしょう。
昼寝やその他の用途にここを使ったりしている人間がいたのでしょう。

モラルの欠けた人間のせいでユニバーサルベッドを使えなくなったのは腹立たしいです。
ユニバーサルベッドそのものの設置費用も大きいですが、ベッドを広げられるだけのスペースも必要なので、ユニバーサルベッドが設置されている車いすトイレは私が見た限りオストメイト装置つきの車いすトイレと比べても少ないです。
ただでさえ数少ないのに、使えなくなった責任をモラルの欠けた人間はどうとるのだろうか?

「車いす専用トイレ」ということになって困るのは当事者だったりする。
車いす専用になると使用者が限られるので設置する気が失せてしまうから。

私は車いすの人とトイレに行ったり、車いすトイレのチェックをしているのでひとさまより車いすトイレに行く機会が多い。
(注・私が車いすトイレのチェックをするとき、自分が実際に用を足す時間を除き、必要最低限の時間しかとっていません。)
車いすトイレの前で待っていて、前の人が出てきて入れ替わるケースが増えましたが、タバコを吸っていたりとか、化粧直しをしているとか明らかに本来の用途以外で車いすトイレを使っている人が最近多いような気がします。

もっと節度のある行動をとってほしいと思います。

« Change Hankyu Dept.Part2 | トップページ | 障害者割引で新幹線に乗るには »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Change Hankyu Dept.Part2 | トップページ | 障害者割引で新幹線に乗るには »