フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« イオンモールKYOTO | トップページ | 静鉄県総合運動場駅 »

2010年7月18日

バリアフリー観光地へさらに前進→高野山

昨年5月10日付けのこのブログ「バリアフリー観光地へ大前進→高野山」で高野山のケーブルカーがバリアフリーになったという記事を書いたところ、検索サイトから来ていただいた方が意外と多く、元となった検索ワードから他のページに私のほうから行ってみると、高野山地区のバスにノンステップバスを導入したという記事があったので、高野山に行ってみることにしました。

P1110731 高野山地区のバス会社といえば南海りんかんバスですが、橋本市内では知っていたのは知っていましたが、記事によると高野山にハイブリッドノンステップバスが走ったのは昨年のことだそうで(ちなみに5月の時点では走っていませんでした)、私が高野山に行くのが少し遅かったかもしれません。

ノンステップバスが2両導入されたと聞いていたのですが、私が見た感じでも2両がピストン運転していた感じがしました。

ただ、臨時バスが結構走っている時期だと相対的にはノンステップバスが来る確率が悪くなりますが、本数そのものは多く走っている印象です。

ただ、私が見た感じでは高野山駅前から奥の院前までのルートで大門のほうには行っていませんでした。

P1110732 スロープは床下に格納されているタイプではなく、ドア横に設置しているタイプのようです。

冬場の凍結のことを考えたら無難な選択かもしれません。

場所が場所なだけにお年寄りの姿も多く見られたので、ノンステップバスの登場はありがたいです。

後は運用面でどうやって連携をとるのかが鍵だと私は思います。

バスに無線機を搭載しているので、ケーブルに乗る車いすのお客さんがいたらそのお客に合わせてノンステップバスを運行するととても便利だと感じるのですが。

そして、限られたノンステップバス車両の生きた運用方法だと思います。

« イオンモールKYOTO | トップページ | 静鉄県総合運動場駅 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イオンモールKYOTO | トップページ | 静鉄県総合運動場駅 »