フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« バリアフリー観光地へさらに前進→高野山 | トップページ | 筆談器について »

2010年7月28日

静鉄県総合運動場駅

静岡に行ってきました。

P1110957静岡鉄道に県総合運動公園という駅があります。

普段は階段しかない駅ですが、車いす利用者の方のためにホームと地上との間にスロープが設置されています。

ただ、この駅の新静岡方面行きホームはホームの幅と階段の幅があまり変わらないため、スロープを取り付けてもスロープまで行く通路が狭くて車いすが通れません。

そこで、写真のような折り畳みの通路を設置しているようです。

電車は主に同じホームの反対側にしか停まらないので、電車の通行を妨げることはありません。

P1110897

折りたたみの通路を使ってスロープにたどり着くと車いすの方が地上に出られます。

少ない予算でバリアフリー化にした面白い事例だと感じています。

しかもこの駅の反対側(新清水方面行きホーム)も面白いのです。

P1110899

ホームからスロープがあるのですが、地上に出るのは線路と道路の段差があります。

それを折りたたみスロープを使って段差を解消するみたいです。

道路上にはスロープも建築物になるので管理者の許可が必要ですが、これなら自社の判断で出来そうです。

正直言って電動車いすの方はちょっと利用しずらい代物ですが、何とかバリアフリーにしようという意識が感じられます。

今までこういうバリアフリーを見たことがなかったので新鮮に感じました。

« バリアフリー観光地へさらに前進→高野山 | トップページ | 筆談器について »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バリアフリー観光地へさらに前進→高野山 | トップページ | 筆談器について »