フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月15日

LAQUE(ラクエ)四条烏丸

四条烏丸に11月11日にオープンしたLAQUE(ラクエ)四条烏丸に行ってきました。

むかし、三和銀行京都支店のあった場所です。

(合併先の相手である東京三菱銀行京都支店が斜か向かいにあったので、吸収された方のUFJ銀行の店舗が無くなった形になります)

大きかったとはいえ、銀行の支店だった建物なのであまり大きな建物ではないだろうと思っていましたが、想像通りの大きさでした。

商業施設の部分は地下1階から地上3階までの4フロアです。(4階から7階まではオフィスビルです。)

2階と3階にベビーベッド付きの車いすトイレがあり、2階にはオストメイト装置があります。

ここのパンフレットに新風館の記述があったり、新風館との共通ポイントカードあるのは、LAQUEと同じNTT都市開発が手がけているためです。

アクセス面では阪急烏丸駅の22・24番番出口に直結しているので、問題ありません。

エレベーターは館内に1基しかありませんが、店舗の規模から考えると妥当かもしれません。

点字の類は見当たらず、1階は道路との段差があったのが意外でした。(もちろん、スロープがあったり、場所によっては段差も無かった場所もあったのですが)

どこのショッピングセンターにもあるチェーン店が無いのがうれしいです。

バリアフリーの面では及第点をつけられないですが、それ以外は良かったかなと思います。

2010年11月 4日

Change Osaka Stn. Part6

11月1日にJR大阪駅の橋上の連絡通路が供用を開始しました。

現在のところ平日の9:15まではJR神戸線・京都線・宝塚線の乗り場から大阪環状線と北陸方面行きの特急乗り場への一方通行ですが(休日は終日一方通行はありません。)、大阪駅のリニューアル工事が終わると3階の通路にも改札が出来ることになっています。

P1120889 大阪環状線の新エレベーターです。

連絡通路と表示している通り、このエレベーターでは1階の改札には出られません。

しかし、このエレベーターの設置はこのブログを書くに値することなのです。

大阪環状線のホームの下は改札外のため、このホームから直接1階の改札には降りれません。一度中2階の連絡通路階に降りて3・4番のりばと通じるエレベーターに乗り換えて改札階に行きます。

大阪環状線のホームから、3・4番のりば以外のホームに行くには都合3回エレベーターに乗らなければいけません。

ところが、3階の連絡通路階に上るエレベーターに乗れば、どのホームへも2回で乗換えが出来ます。

P1120890 これが3階の連絡通路階にある大阪環状線のエレベーター乗り場です。

混んでいる大阪駅の1階を避けるだけでもこのエレベーターの価値があります。

P1120891 ちなみにこれが3階の連絡通路階にある3・4番(ラッシュ時の姫路方面行きの新快速や大阪駅始発のJR宝塚線の電車が発着します)のエレベーターのりばです。

少し駆け足でしたので、あまりじっくり見ていませんが、まだまだ変化がありそうです。

2010年11月 2日

N700系のぞみ

あまりN700系のぞみに乗る機会が無かったのですが、やっと乗ることができました。

P112088711号車の東京寄りにある、車いすトイレです。

700系の新幹線車両には無かったベビーベッドが付いています。

個室内の開閉ボタンは2ヶ所。

写真では見えにくいですが、便器側に近いボタンは自動でロックも出来るタイプです。

P1120888写真の順序としては逆なのかもしれませんが、個室の入り口側です。

手洗いと勘違いしそうですが、オストメイト装置です。

列車内のトイレにオストメイト装置を見たのはこれが初めてで、列車のトイレもかなり進歩しているという印象を持ちました。

広さも今までよりも広くなって介助しやすくなりました。

私はまだ入ったことはありませんが、このトイレにそばにある多目的室も広くなっているみたいで、健常者である私が一人で入ることは難しいので次回以降の機会になりました。

2010年11月 1日

エレベーターの表示

以下の2枚の写真は地下鉄丸ノ内線東京駅のエレベーターです。

P1120885 こちらは改札階からホーム階に降りるエレベーターの表示です。

言うまでもありませんが、エレベーターそのものはどちらも同じですが、位置が違います。

ちなみにこちらは地下1階(改札階)のものです。

P1120883 こちらは地下2階(ホーム階)から改札階に上がるエレベーターです。

エレベーターのピクトグラムが上りと下りで矢印が違います。

ピクトグラムなんて万国共通でないと意味が無いと思われるのですが、上にしか行かないものを下の矢印をつけるのはおかしいとばかり排除したことを非難しているわけではありません。

(ただ、個人的には感心もしませんが。)

それよりも表示する色についてです。

出口に向かう色を黄色とし、電車乗り場に向かう色を濃紺(東京メトロのイメージカラーだと思われます)として、徹底していることです。

確かに東京メトロの駅は複雑怪奇です。

慣れてなければ駅で迷子になりそうです。

同じ地下鉄でも一旦改札を出ないと乗り換えも出来ない駅があまりにも多いし、(大阪だと梅田の3駅間だけです)改札内で乗換えが出来ても数百メートル歩かされるし大変です。

サインの統一性を徹底しなければいけない事情があるにせよ、見やすい表示にすることで、利用しやすいと思います。

乗換えがしやすいように駅やパンフレットに階段やエレベーターなどの位置表示が多く張られているのもその一環かもしれません。

ここまでやったなら、あとはアクセス方法に制限がかかる車いす利用者の乗り換えルートを分かりやすくして欲しいと感じました。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »