フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« ポップタウン住道オペラパーク | トップページ | N700系のぞみ »

2010年11月 1日

エレベーターの表示

以下の2枚の写真は地下鉄丸ノ内線東京駅のエレベーターです。

P1120885 こちらは改札階からホーム階に降りるエレベーターの表示です。

言うまでもありませんが、エレベーターそのものはどちらも同じですが、位置が違います。

ちなみにこちらは地下1階(改札階)のものです。

P1120883 こちらは地下2階(ホーム階)から改札階に上がるエレベーターです。

エレベーターのピクトグラムが上りと下りで矢印が違います。

ピクトグラムなんて万国共通でないと意味が無いと思われるのですが、上にしか行かないものを下の矢印をつけるのはおかしいとばかり排除したことを非難しているわけではありません。

(ただ、個人的には感心もしませんが。)

それよりも表示する色についてです。

出口に向かう色を黄色とし、電車乗り場に向かう色を濃紺(東京メトロのイメージカラーだと思われます)として、徹底していることです。

確かに東京メトロの駅は複雑怪奇です。

慣れてなければ駅で迷子になりそうです。

同じ地下鉄でも一旦改札を出ないと乗り換えも出来ない駅があまりにも多いし、(大阪だと梅田の3駅間だけです)改札内で乗換えが出来ても数百メートル歩かされるし大変です。

サインの統一性を徹底しなければいけない事情があるにせよ、見やすい表示にすることで、利用しやすいと思います。

乗換えがしやすいように駅やパンフレットに階段やエレベーターなどの位置表示が多く張られているのもその一環かもしれません。

ここまでやったなら、あとはアクセス方法に制限がかかる車いす利用者の乗り換えルートを分かりやすくして欲しいと感じました。

« ポップタウン住道オペラパーク | トップページ | N700系のぞみ »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポップタウン住道オペラパーク | トップページ | N700系のぞみ »