フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月13日

近郊農業と飲食店

P1210332 三木市は緑が丘にmoi moi(モイモイ)というカレー屋さんがあります。
とあるフリーペーパーを見て気になりました。
というのも、このカレー屋さん、福祉施設の運営だからです。
このカレー屋さんと同じ敷地にある、三木精愛園という施設の一部分になるみたいです。
そして、ここのカレーで使っている野菜は福祉施設の園内で栽培された有機栽培ということもあり、行ってみたくなりました。
ログハウスのおしゃれな建物で入口にはスロープが付いていました。
P1210329 そして、ちょっと小ぶりながらも車いすトイレも設置されています。
この個室内もログハウスの内装を生かしたものになっていて好感が持てます。
店内も段差なしで行けます。
 

私が何を注文したのか、味などはBブログに譲ります。
ここで私が考えさせられたことは近郊農業と飲食店の関連です。
地産地消を掲げて飲食店を営業するにあたって、ものが新鮮という物理的なメリットがあると思います。
近郊農業である以上、生産者も身近で自らが栽培した農作物の売れ行きが分かるので、励みになるのではないかと思います。
もちろん、今回の例はカレー屋さんですが、飲食店ならどういう形であっても、原材料が農作物である限り、応用が利くのではないかと思います。
また、最近では道の駅も増えてきたので、ここのスペースを借りて農作物を売るのもひとつの手であります。
 

このカレー屋さんの評価すべき点は、定休日を世間様の休日と一緒にしなかったことです。
福祉屋さんが絡むと定休日が土・日・祝日というケースが良く見られましたが、このお店ではそういうのがないのが評価できます。
世の中には平日が定休日のお店も多く、オフィス街でもない限り、日曜定休のお店は少ないと思われます。
働く障害者の方は大変かもしれませんが、がんばって欲しいと思います。

2012年12月11日

御堂筋線なんば駅(南行きホーム)から千日前線への乗り換え

P1210333 2012年12月9日(日)から地下鉄御堂筋線なんば駅(南行きホーム)から千日前線ホームを結ぶエレベーターが供用を開始しました。
早速行って確認しました。
梅田方面から来た電車がなんば駅に到着します。
10号車ですので、一番後ろの車両です。
10号車の1番か2番ドアがエレベーターに近いのですが、どちらもホームの幅が狭いので千日前線に乗り換えるには注意が必要です。
千日前線に乗り換えるのはこのエレベーターだけで行けます。
日本エレベーター製造製の11人乗り(と思われる)ものです。
P1210334 千日前線ホーム階の乗り場です。
写真ではエレベーターと階段しかありませんが、写真の左側にエスカレーター乗り場があります。

スロープで少し上がって、右に曲がると上りエスカレーターがあります。
千日前線のホームの東端にあるので、千日前線の電車だと南巽行きも野田阪神前行きも1号車の1番ドアが最寄のドアになりますが、東寄りに停車する南巽行きの電車ですら、このエレベーターに乗るまで50m近く歩くことになります。
とは言え、エレベーターだけでアクセスすることを考えると格段に便利になったと言えます。
梅田方面から千日前線に乗り換えるかた、千日前線から天王寺方面に向かわれる方、乗り換えしてみてください。

2012年12月 3日

フェスティバルプラザ

P1210257 11月28日に中之島にフェスティバルプラザがオープンしました。
フェスティバルプラザは来年3月にグランドオープンするフェスティバルタワーの下層部に入っています。
朝日新聞大阪本社がこのビルに引越ししてきたり、フェスティバルホースも来年3月に復活します。
とりあえず、行ってきました。
 
意外と人が少なかったのは
驚きですが、いろいろ館内を見たかったので都合が良かったです。

フェスティバルタワーそのものはオフィス部分やフェスティバルホールのほうがメインなのですが、こちらはまだオープン前なので工事中の部分があり、一般人である私が立ち入ることは出来ません。ですので、この部分は後日紹介します。

話を元に戻します。

フェスティバルプラザの部分である、地下1階から2階まで見てまわりました。
印刷物であるフロアガイドには車いすトイレは2階にしかないように見えますが、実際には各フロアにあります。

オストメイト装置は各フロアにありますが、地下1階はベビーベッド、1階はユニバーサルベッドが設置されています。
ただ個室内はさほど広くありません。

フェスティバルプラザではないのですが、12階にあるフェスティバルキッチンの部分にも車いすトイレはあるのですが、フェスティバルプラザの各車いすトイレよりも狭く、車いすトイレというより少し広い個室という感じです。

フェスティバルプラザは飲食店が多いのですが、段差そのものはないのですが、狭いので車いすのかただと空いている時間帯でないと入店しづらそうです。
(ただし2階にある飲食店は高級店のためゆったりしているとは思います)

あと、地下で肥後橋駅や渡辺橋駅と連絡はしているのですが、階段とエスカレーターだけなので車いすで直接アクセスできないのが残念でした。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »