フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« JR敦賀駅 | トップページ | いよてつ郊外電車にて »

2013年3月10日

優先通路

P1220222 JR七尾駅の跨線橋にあった「優先通路」の文字です。
この写真では分かりにくいですが、、手すりが両側にあって、利き手がどちらでもすぐに手が届きそうです。
また、通路幅が狭いので、この通路で誰かを追い越すということはなさそうです。
 
設置者の意図は分からないですが、私は手すりがそばにあると咄嗟の時にすぐに手すりに掴めるだけでなく、優先通路該当者がこの通路を通ることによって元気な人との接触事故を防ぐ目的も兼ねているのではないかと考えています。
当のJR七尾駅の跨線橋が接触事故を防がなければならないほど混んでいるとは思えないのですが、こうした試みは新たな発想をもたらしてくれます。
 
観光客の多い寺社の通路や階段にもこういう手すりをつけたりして優先通路を設けたり、また、優先通路に指定した場所は転倒しにくい素材をつかったり、絨毯などクッション性のある床にするとか、1人分のステップしかない幅の狭いエスカレーターを優先エスカレーターにするのもいいのではないかと思います。
 

「優先通路」的な発想はもしかしたら半世紀先の話かもしれませんが、今から考えるのもいいかもしれないと思った事例でした。

« JR敦賀駅 | トップページ | いよてつ郊外電車にて »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR敦賀駅 | トップページ | いよてつ郊外電車にて »