フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 高松-池田(小豆島)航路(第三十二こくさい丸) | トップページ | Change Shinsaibashi Stn. vol.2 »

2013年6月19日

姫路-福田(小豆島)航路(第三おりいぶ丸)

本題に入る前に、私が小豆島航路が気になったのは2つあります。
 
以前、日生に行ったときにたまたま立ち寄った日生港で船の時刻表を見たときに日生-大部、岡山ー土庄、高松ー池田の3航路(上記3航路は両備グループが運航するフェリー)がバリアフリー設備があるという旨が書かれていたこと、そして、昨年、姫路経済新聞で今回紹介する姫路ー福田にバリアフリー船が運航されるのを見て小豆島に行く船はバリアフリーというイメージが付いて、小豆島に関心を持ちました。
 
昨年は日生-大部、岡山ー土庄のフェリーに乗り、今回はフェリーに乗船目的で小豆島に行きました。
そして、今回の小豆島行きで最後に乗ったフェリーです。
(時間が無かったので、今回は宇野から土庄までのフェリーは見送らせていただきました。)
 
P1220983さて本題。

写真は姫路港に停泊中の第三おりいぶ丸です。
(福田港で乗船して、姫路で下船しているので実際にはこの写真が最後に撮った写真になります。)

姫路港、福田港とも徒歩客と車の客は別の入口から出入りしますが、徒歩客の通路は段差があるので、車いす利用の場合、車と同じところを通ることになります。
P1220973


船に入るとこのようなものが見え、奥に進みます。









P1220974


車両甲板側のエレベーターの入口です。
このエレベーターは7人乗りです。






 
P1220975


エレベーターのかごの中です。
鉄道駅のエレベーターに比べるとまだ小さいのですが、今まで4人乗りのエレベーターを見ているだけに広く感じます。




 
P1220977


優先席と表示された場所です。
写真でも分かると思いますが、車いすから移乗しやすいようにスペースを広く取っています。





 
P1220978


車いすトイレです。
ここの車いすトイレは手動式でしたが、開閉しやすく、また、閉まったら閉まったらドアが勝手に開かないように工夫されています。
船という特殊な環境で独特の工夫がなされていて好感が持てました。



P1220979


子供連れにも配慮されたトイレ内部で、ベビーベッドやチェンジングボードもあります。
残念なのはトイレの内容より、ピンボケ写真を撮ってきた私でしょう。



 
 
P1220980


車いすスペースです。
先程の優先席とは関係の無い場所にあります。







少し前まで船舶関係のバリアフリーというのは無いと思っていましたが、これから船舶関係のバリアフリーにも注目したいと感じた小豆島航路でした。

« 高松-池田(小豆島)航路(第三十二こくさい丸) | トップページ | Change Shinsaibashi Stn. vol.2 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫路-福田(小豆島)航路(第三おりいぶ丸):

« 高松-池田(小豆島)航路(第三十二こくさい丸) | トップページ | Change Shinsaibashi Stn. vol.2 »