フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 高松-土庄(小豆島)航路(第二しょうどしま丸) | トップページ | 高松-池田(小豆島)航路(第三十二こくさい丸) »

2013年6月17日

高松-草壁(小豆島)航路(ブルーライン)

P1220943土庄港からバスで草壁港まで移動し、高松行きのフェリーに乗船しました。

この航路は(フェリーと高速船が)各1隻で航行しているため、フェリーの場合、この写真の船になります。

(メンテナンスのときは別の船になるのでしょうが、そのときは公式HPに載せるでしょう。)

 
P1220944


草壁港は歩車同じ場所を通りますが、高松港は歩行者は別の場所を通ります。
しかし、段差があるので、車いすの方は高松港でも歩車同じ場所を通ることになります。


 
P1220945


客室に行くエレベーターです。
4人乗りの小さいエレベーターです。





  
P1220947
エレベーターのかごの中です。
写真では分かりにくいかもしれませんが狭さを感じます。

乗船定員を考えるとこれがあるだけすごいことなのかもしれませんが、長年使うだけに少し先の未来を予測しないといけないとも思います。


P1220949車両甲板のフロアに車いす利用者用の客室があるせいか、一般客室側には特にバリアフリーの設備がなく、座席への移乗が基本ですが、写真の座席だと前に余裕があるので移乗しやすいでしょう。

もっとも、船のいいところはスペースが大きいので座席にこだわらなければ座席に移乗する必要がありません。

ちなみに船内に車いすトイレがなく、しかも草壁港にも車いすトイレがないので、草壁港から乗るには事前にどこかでトイレを済ます必要があります。
ちなみに高松港は前日公開した記事と次回公開する池田港までのフェリーと同じ乗り場になります。
(同じ航路でも高速艇は高松港では別の乗り場になります。)
座席が広かったのが印象的な船でした。

« 高松-土庄(小豆島)航路(第二しょうどしま丸) | トップページ | 高松-池田(小豆島)航路(第三十二こくさい丸) »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松-草壁(小豆島)航路(ブルーライン):

« 高松-土庄(小豆島)航路(第二しょうどしま丸) | トップページ | 高松-池田(小豆島)航路(第三十二こくさい丸) »