フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 手すりに点字表記をする考え方 | トップページ | 国土交通省は新・ノンステップバスの開発を急げ »

2014年4月19日

大阪府障がい者等用駐車区画利用証制度

大阪府政だよりが先日入っていて、読んでいたら、「大阪府障がい者等用駐車区画利用証制度というのが実施されているとのことでした。
障害者用の駐車スペースに駐車できるという制度で、発行元は大阪府ですが、他府県で同様の制度が実施されているところでも使えるのがメリット。
(他府県の同様の制度に関しては上のリンク先の下のほうにあります。)
駐禁除外の紙と違うのはもともとから駐車スペースなので、このエリアで駐禁除外の紙は意味がないとのことなのだと思われます。
 
しかし、よく見たら、利用証の交付は1月に始まっている。
2月に駐車スペースを設定する施設向けの説明会があった。
そして、掲載された府政だよりは4月15日号。
しかも、12月には障害者週間の特集までやっていたのにこの時を含めて数回掲載されないままだった。
(バックナンバーを読んで確認してます。)
 
 
 
あまりにも情報提供が遅すぎませんか?
ただでさえ見にくい大阪府のHPを個人がわざわざ探して見てる可能性はないに等しいと思われます。
しかも、受付窓口は大阪府庁のみ。
(郵送でも可能なのがせめてもの救いだが。)
利用書の発行元は大阪府庁でもいいけれど、せめて、各市区町村の窓口でも受けてけてくれたらと思うのは私だけではないだろう。
制度を作ってくれただけでも良しとしなければいけないのだろうか?

« 手すりに点字表記をする考え方 | トップページ | 国土交通省は新・ノンステップバスの開発を急げ »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府障がい者等用駐車区画利用証制度:

« 手すりに点字表記をする考え方 | トップページ | 国土交通省は新・ノンステップバスの開発を急げ »