フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月23日

社会実験する価値のある手すり

P1270239近鉄長島駅にあるなばなの里行のバス停です。
見ての通り、何の変哲もない手すりです。

しかし、よく見ると道路に直角に設置されています。

道路と並行して手すりを設置するとバスに乗るとき、事実上、バス停の入口の1点でしか手すりが使えないけれど、直角に設置することで手すりを持ちながらバスの方に進めます。

しかも、この手すりがあるために手すりの位置の部分に自転車が通ることはないので、手すりの部分にいる限り、自転車からも身を守れます。

しかし、いいことばかりではありません。
この手すりがあるために全盲の方が白杖を使うとき手すりの部分に気付かない恐れがありますし、車いすの方も通れる歩道が狭くなります。
物事には一長一短があります。
ならば、この手の手すりを設置するかどうか社会実験をしてもいいのではないでしょうか?
地域というより設置場所によって導入すべきかどうかというレベルにはなりますが、社会実験をいろんなところでやってみたらいいなと感じました。

もちろん、バスがこの手すりの位置にちゃんと停車することが前提ではありますが…

2015年2月 1日

多様化する販売チャンネル

P1270115神戸は名谷駅前にある大丸須磨店の食料品売り場を歩いていたら、レジ前でとある作業所が製造した煎餅が売っていました。

安かったこともあり、あまり悩むことなく購入しました。


製造元を見ると神戸光の村授産学園と書いてあります。

個人的にはクッキーなどは多くの作業所で製造しており、あまり変わり映えがしないので商品そのものでこのブログに取り上げる気は起らなかったのですが、やはり、福祉のお店というものではない、一般のお店で売っているということで取り上げたくなりました。

販売スペースを提供している方は社会貢献の一種という位置づけなのかもしれません。
しかし、社会貢献の一種であったとしても販売のチャンスがなければ売れるものも売れないのも事実で、福祉作業所であったとしても折角の機会を有効に活用する必要があると思います。
そういう意味ではこの作業所の取り組みは面白いと感じました。
そして、この法人を検索してたまたまヒットしたのが
NUKUMORIというサイト。

このサイトは作業所で作られた商品を売っているサイトですが、今となっては特筆するものではないでしょう。
ですが、作業所の数だけ通販サイトを作っていたら、サイトの運営に人員を割けられない上、サイトの存在を知られることもない可能性があるので、ある程度まとまったエリアでサイトを作った方がいいと思います。

もちろん、通販サイトも知らないと話にならないのは言うまでもなく、そこは通販サイトの運営が多くの人に自分のサイトの認知度を上げる努力をしていただくことになります。
福祉作業所の顧客の層の薄さが前々から気になっていたので今回、目についた場所での販売があったことに驚き、この記事を書きました。

Bブログの記事なら何とかしてはがしているだろう、シールも特別の場所で購入していないということを見ていただきたかったので、敢えてシールをはがしませんでした。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »