フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 遠隔手話通訳サービス | トップページ | 社会実験する価値のある手すり »

2015年2月 1日

多様化する販売チャンネル

P1270115神戸は名谷駅前にある大丸須磨店の食料品売り場を歩いていたら、レジ前でとある作業所が製造した煎餅が売っていました。

安かったこともあり、あまり悩むことなく購入しました。


製造元を見ると神戸光の村授産学園と書いてあります。

個人的にはクッキーなどは多くの作業所で製造しており、あまり変わり映えがしないので商品そのものでこのブログに取り上げる気は起らなかったのですが、やはり、福祉のお店というものではない、一般のお店で売っているということで取り上げたくなりました。

販売スペースを提供している方は社会貢献の一種という位置づけなのかもしれません。
しかし、社会貢献の一種であったとしても販売のチャンスがなければ売れるものも売れないのも事実で、福祉作業所であったとしても折角の機会を有効に活用する必要があると思います。
そういう意味ではこの作業所の取り組みは面白いと感じました。
そして、この法人を検索してたまたまヒットしたのが
NUKUMORIというサイト。

このサイトは作業所で作られた商品を売っているサイトですが、今となっては特筆するものではないでしょう。
ですが、作業所の数だけ通販サイトを作っていたら、サイトの運営に人員を割けられない上、サイトの存在を知られることもない可能性があるので、ある程度まとまったエリアでサイトを作った方がいいと思います。

もちろん、通販サイトも知らないと話にならないのは言うまでもなく、そこは通販サイトの運営が多くの人に自分のサイトの認知度を上げる努力をしていただくことになります。
福祉作業所の顧客の層の薄さが前々から気になっていたので今回、目についた場所での販売があったことに驚き、この記事を書きました。

Bブログの記事なら何とかしてはがしているだろう、シールも特別の場所で購入していないということを見ていただきたかったので、敢えてシールをはがしませんでした。

« 遠隔手話通訳サービス | トップページ | 社会実験する価値のある手すり »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多様化する販売チャンネル:

« 遠隔手話通訳サービス | トップページ | 社会実験する価値のある手すり »