フォト
無料ブログはココログ
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 停車位置を見直してはどうか? | トップページ | 近鉄における駅ナンバーリング »

2015年8月 8日

柳井ー三津浜間(伊保田港寄港)航路(しらきさん)

P1280413柳井港から周防大島にある伊保田港により松山の三津浜港まで航行する「しらきさん」です。

写真は松山側から撮影しました。

バリアフリーの船と聞くとどうしても乗ってみたくなります。

ですので、伊保田港に寄港しないバリアフリー船ではない船には関心がありませんでした。
(言うまでもなく、伊保田港に寄港しない船の方が所要時間は短いです。)


P1280414松山側から乗船しました。

写真の通り、歩行者も自動車も同じルートで乗船します。










Shirakisanbf1船内エレベーターで客室まで上がるのですが、エレベーターで上がってすぐのところにバリアフリー船室があります。

ここにはこんなものがありました。


















P1280418

昇降式の座椅子です。
福祉機器展示場以外ではあまりお目にかかれないものではあります。

高さが調整できるので個の座椅子には移乗しやすいですが、これを操作する方法がわからない人が多いのではないかとも思います。

発想そのものは面白いとは思うのですが。

P1280419
同じバリアフリー船室にあった車いすスペースです。

結構広い船室ですが、私が乗船した便は誰も乗っていませんでした。

意外と広いのですが、車いすトイレの類は一般船室の中にあります。







Shirakisanen1


一般客室の入口です。
いくつかある入口ですが、入口に段差がないのは1か所だけです。



















Shirakisanwc1


先程の入口から入り、一般客室の後ろに車いすトイレがあります。

因みに一般の方のトイレは客室を出たところにあります。

バリアフリー客室から外に出て一般客室の中にある車いすトイレの扉には「健常者の方は外側のトイレを使用してください」の張り紙がありました。

トイレの配置があべこべだと思うのは私だけでしょうか?

私は次の1枚撮りたかったのでこの張り紙は無視しました。







P1280421
あまりきれいさを感じないですが、車いすトイレです。

扉が重いですが、広さはそこそこありました。









バリアフリー船室があるせいか、一般船室にはバリアフリー度が低く、移乗しやすいように通路が広くとっているわけでもないのが難点です。
Shirakisanev1
バリアフリー船と言っていて、エレベーターはどこにあるのかという疑問がもたれたと思います。

私も1階の乗船口でエレベーターを見なかったのです。

で2階の客室のフロアに車椅子昇降機と書かれたものを発見しました。


それで、扉を開けようとしたら鍵がかかっているような感じでしたので諦めました。

しかし、客室には車椅子昇降機のそな財がなぜ1階にないのか考えたのか分からず、下船の時にすべてが納得できました。




P1280433
車いす昇降機の客室の乗降口の真下あたりを探したら、昇降機のレールらしき構造物がありました。そして、昇降機のカゴらしき物を見つけました。

エレベーターのような形状をしていないのでエレベーターの柱のような構造物をしているはずがなく、2本のレールでしっかりと昇降していくのでしょう。

昇降機は昇降機であってエレベーターではないので一般の乗客がエレベーターのように自由に操作できる代物ではなく、車両甲板である1階ではなく客室のある2階に普段は格納しているという感じなのでしょう。
車いす昇降機を使うときは予約した方がよさそうです。

それでも、まだまだ段差の多いフェリーが多いので評価はしたいと思います。

« 停車位置を見直してはどうか? | トップページ | 近鉄における駅ナンバーリング »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳井ー三津浜間(伊保田港寄港)航路(しらきさん):

« 停車位置を見直してはどうか? | トップページ | 近鉄における駅ナンバーリング »