フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月 9日

意味不明!!バリアをわざわざ設ける東京駅周辺の車いすトイレ

P1290087東京駅八重洲口にあるグランルーフにある車いすトイレです。

しかし、よく見ると何か書いてあります。

P1290085用のある方はインターホンで呼び出す必要があるみたいです。

昔、このブログで八重洲地下街の車いすトイレが営業時間内にもかかわらず、20時以降の利用の場合、防災センターに電話をかける旨が書かれていた話をしました。

4年前の話でしたが、どうやら東京駅周辺の心のバリアフリー化は進んでいないようです。

もちろん、利用者を制限することによって、本来利用する人がスムーズに車いすトイレを利用できる効果があるのは否定しません。

しかし、インターホンを押せば即刻応対してくれるのかが疑問です。
写真はグランルーフの地階のものですが、写真こそないものの東京駅一番街の車いすトイレもインターホンを押さないといけない代物です。

私としても、どういう設備があるのか1人の時に見てみたいのですが、そういうことも許されない環境で困りました。

2015年11月 7日

北陸新幹線 E7(W7)系車両

P1290081大阪から金沢まわりで東京に行きました。

で、写真は東京駅に到着した北陸新幹線E7系です。
北陸新幹線は他の新幹線と違うのはJR東日本と西日本の2社で運行している点です。
(上越妙高駅を境に東京方面がJR東日本で金沢方面がJR西日本です。ちなみに運転士や車掌は長野で交代です。)

金沢まで行く北陸新幹線はJR東日本所属の車両がE7系、JR西日本所属の車両はW7系で私が乗車した車両は前者になりますが、内装も含めて変わりません。
P1290074北陸新幹線は東京行の先頭車が1号車になり、博多行の先頭車が1号車である、東海道・山陽新幹線とは反対です。

7号車の金沢寄りにある多目的室です。

健常者である私が1人で利用できる場所ではないので中は写真に採れませんでした。


P1290073同じく7号車にある車いすトイレです。
先程の多目的室はドアを挟んだ向かいにあります。










P1290076車いすトイレの内部です。
以前に紹介したN700系車両とあまり変わらないかなと思っていたのですが…










P1290077入口にチェンジングボードがありました。

この国のトイレは進歩が止まらないいい例です。








P1290078こちらはオストメイト装置です。
洗面所と勘違いしそうですが、フラッシュボタンがあります。
個人的には誤用防止のためにもう少しオストメイト装置らしい格好でもいいのかなとは思います。







P12900757号車の車いすスペースの部分です。
写真の場所は7号車11番の部分で、前の3列席が10番のABC席で、11番と12番のC席が欠番です。

グリーン車にも車いすスペースがあるのですが、グリーン券を持っていないので入れませんでした。





新しい新幹線車両なだけにバリアフリーの面でも変化が感じられてよかったです。







2015年11月 2日

東京ラーメンショーで見かけた心のバリアフリー

駒沢オリンピック公園で明日まで行われている東京ラーメンショーに行ってきました。
ラーメンの味とか店員の態度とかを話すブログではないのでラーメンそのものの話は割愛させていただきます。
P1290107私がこのブログで話したいことはこの写真のことです。

見ての通り、テーブルに優先席の旨を示すものが貼ってあります。

これが貼ってある場所はテーブルの端、しかも通路に1番近いところです。

屋外で行われるグルメのイベントでいつも思うのは立ちながら片手に箸で片手の丼(もしくはトレーや紙皿等)をもって食べられる人はいいけれど、そういうことができない人もいるわけです。
手が自由にならない方がいるわけですが、そういう方に限って席が空いたら座るわけですがもはや椅子取りゲーム化している状況下でいつまでたっても座れないです。

車いすに乗っている方だと空いた席が通路の中側だと入ることそのものが困難です。
会場に行くことそのものが難しいのにさらに食べるというこの手のイベントでは最大の目的である行為すらバリアがある。
これをどうにかならないものかずっと思っていました。

完璧とは言えないかもしれません。
しかし、優先座席を設定することで該当しない人が利用するのを憚る効果はあると思います。
そうすればテーブルでなければ食べられない人が利用できると思います。
要望すればいろいろありますができることから改善をしていったラーメンショーの実行委員会に評価をしたいと思います。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »