フォト
無料ブログはココログ
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« JR摩耶駅 | トップページ | 近鉄平端駅 »

2016年5月16日

南海本線(下り)羽衣・高石駅高架

2016年5月14日、南海本線下り(和歌山市方面)、羽衣駅と高石駅が高架になりました。
私がちょうど休みの時で、且つ遠出をしていない日だったので現場に行ってみることにしました。
P1300783まずは、羽衣駅の方から。

今回は下り線なので、反対のなんば方面とここから分岐する高師浜線はまだ地平のホームになります。

急行停車駅であるので、この駅は8両編成の電車が停まれるようになっています。

この駅はホーム階とコンコース階と地上階と3フロアになっています。

 
P1300780ホーム階とコンコース階を結ぶエレベーターです。

このエレベーターの最寄りのドアは…
8両編成の場合は前から5両目の前から2番目のドア。
(ラッシュアワーの急行ぐらいなのでこのケースはレア)

6両編成の場合は前から3両目の前から2番目のドア。
(日中の空港急行や区間急行や一部の普通などこれが多いでしょう。)

4両編成の場合は前から2両目の前から2番目のドア。
(一部の普通電車のみ)
また、同じ4両編成でも2ドア車が走っていることがあります。この場合は前から2両目の後ろのドアが最寄りとなっています。
 
P1300787車いすトイレです。

男子トイレが仮設トイレなのは、恐らく、上りホームが高架になったときに高架化された場所に男子トイレが設置されるのでしょう。

車いすトイレは結構広々としていました。

鏡に映っていますが、ユニバーサルベッドが設置されています。
横に倒すタイプのものです。
 
P1300791
コンコース階と地上階を結ぶエレベーターです。

このエレベーターを含むこの記事のすべてのエレベーターはすべて日立製の11人乗りのエレベーターです。

ちなみに羽衣駅の新ホームはホームの上のすべて屋根がありますし、車いすの方が乗降するときに特に狭いと感じた乗車位置はありませんでした。

 
P1300798
そして、高石駅に行きました。

高石駅は準急と普通しか停まらないので6両編成の電車が停まれる長さしかありません。

ですが、この駅で通過待ちがあるのでしょう、ホームの両側に線路があります。

この階は改札階(地上階)とホーム階に分かれています。
 
P1300796 ホーム階と改札階を結ぶエレベーターです。

このエレベーターの最寄りのドアは…

6両編成の場合は前から3両目の1番前のドア。

4両編成の場合は4ドア車も2ドア車も先頭車両の1番前のドア。

写真は割愛しますが、この駅の車いすトイレはトイレットペーパーがついていません。
(お金を出して購入するタイプです。)
隣の駅がトイレットペーパー付で、同じ高石市内の駅なのに今時駅のトイレにトイレットペーパーがないのも不思議な話です。
あと気になったのはこちらの入口からなんば行のホームに案内。
なんば方面行の改札階は2階ですが、改札階からホームへは階段しかないのですが、地上から改札階へはエレベーターがあります。
遠回りにはなるのですが、エレベーターの案内の類があってもいいのではないかと思います。
上り線の高架は今まで使っていた下りの線路の用地を使うのだから、高架になるのに何年もかかる訳でして、それまでの間、必要になると思います。特にこの駅の係員はなんば方面行の改札にいるのだから。
ソフト面でもうひと工夫が必要ではないかと感じたバリアフリーチェックでした。






« JR摩耶駅 | トップページ | 近鉄平端駅 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南海本線(下り)羽衣・高石駅高架:

« JR摩耶駅 | トップページ | 近鉄平端駅 »