フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 続・神鉄市場駅 | トップページ | パピオスあかし »

2016年12月 4日

バリアフリー化された天王寺駅前電停

P1320330
平成28年12月3日に阪堺線天王寺駅前電停が移動してバリアフリー化されました。

今まではこの電停からは一旦地下に下りなければいけなく、しかも階段しかない構造でした。

この日からはそのまま地上には出られないけれどエレベーターで移動できるようになりました。

地下鉄や近鉄、JRもエレベーターが付いているので後はここだけでしたが、エレベーターが付きました。
P1320325アクセスは2通り。

地下からアクセスする場合、御堂筋線の西改札からあべのキューズモールに向かう地下道があるのですが、ムービングウォークの手前に入口があります。
(写真参照)

突き当りを左側にエレベーターがあります。
反対に右に曲がると階段です。

ただ、この突き当りですが、何か工事をしているような感じがする壁でしたので、数年後、この記述が不正確になる可能性があります。P1320326

地下階のエレベーター乗り場です。

日立製の15人乗りのエレベーターになります。

このエレベーターは3停止タイプで、地下階、地上階(つまり、阪堺線のホーム)、歩道橋階になります。



 
P1320335歩道橋階からアクセスする場合はエレベーターが見えているのでわかりやすいと思います。


この歩道橋は何を指すのかと言いますと、以前、このブログで採り上げた阿倍野歩道橋です。

個人的にはJRは阿倍野歩道橋経由、地下鉄と近鉄は地下経由の方がアクセスしやすいのではないかと思います。

 
P1320328
どちらから通っても、このエレベーター乗り場に出ます。

あとはそのままホームに向かうだけです。

ただ、乗り場はバリアフリーにはなったのですが、電車そのものはバリアフリーになっていないので、現段階(投稿日)では車いすの方がそのまま電車に乗れるのは堺トラムだけなのが現状です。

とは言え、エレベーター設置ですごく前進したのは事実で、昨日、付いたばかりのエレベーターにも関わらずエレベーターの設置場所を尋ねるお年寄りの方がいました。
多くの人がバリアフリーという言葉が身近な言葉になっているのだと感じた出来事でした。

« 続・神鉄市場駅 | トップページ | パピオスあかし »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリアフリー化された天王寺駅前電停:

« 続・神鉄市場駅 | トップページ | パピオスあかし »