フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月17日

車いすお出かけマップ 栄・久屋大通エリア

Sakaeodekake
地下鉄久屋大通駅の券売機のそばで入手した「車いすおでかマップ栄・久屋大通エリアです。

中区福祉部作成で地下駅である地下鉄栄および久屋大通駅と名鉄栄町駅から雨に濡れずに行ける車いすマップです。

このマップの存在を知ったのは久屋大通駅のエレベーターの中でした。

車いす利用者が確実に利用するのはエレベーターであるので、こういう場所に情報を提供するのはコロンブスの卵のような発想で感心しました。
(もちろん作成者である中区役所にもあるみたいです。)

地図を見れば地下街や地下街に直結するビルの情報になっていましたが、正直言ってがっかりしました。

車いす利用者が実踏調査をしているような記述があるのですが、それらしきものがこの印刷物から感じられません。
車いす利用者が利用するならエレベーターが設置されていても分かりにくい場所に気が付くはずで、そのあたりの注意が全くありません。
私も該当地区の地下街を何回か歩いていますが、エレベーターの位置が分かりにくいのがいくつかあります。
具体的に書かせてもらうとセントラルパークの中にあるエレベーターや地下鉄東山線栄駅から名城線栄駅(大曽根方面行のりば)改札階につながる段差解消のリフトの位置です。
分かりにくい場所にエレベーターにたどり着く目印のようなものの写真か情報を添えることが大切だと感じます。

また、前述の地下鉄東山線栄駅から名城線栄駅(大曽根方面行のりば)改札階につながる段差解消のリフトを使わなければ、セントラルパークからサカエチカに段差なしで行けない以上、車いす利用者ならではの工夫も必要だったのではないかと思います。

あとは「商業施設の車いすトイレのあるフロアや位置は各商業施設が案内する情報を確認してください」の文字。
紙面上、車いすトイレの位置は仕方がないとしてもフロアぐらいは書いてもいいのではないかと思います。
特に地下街を意識したマップなら、車いすトイレが地下階にあるのとビルの最上階にあるのとでは地下街から利用する気が起こるか起きないか変わるでしょう。
もっと車いす利用者にとって使いやすいマップを作ってほしかったです。
改定されることがあったら改善してほしいです。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »