フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« Change Hanshin Dept.Part1 | トップページ | 阪神西九条駅からJR西九条駅への連絡エレベーター »

2018年6月 3日

山電江井ヶ島駅

P1370643 今年の3月末に山電江井ヶ島駅にエレベーターができ(ただ、私が知ったのは5月に入ってから)、供用を開始したので江井ヶ島駅に行ってみました。

この駅は姫路方面(下り線)側に改札があり、三宮・梅田方面(上り線)側には地下道を通っていくしかありませんでした。

それをエレベーターを設置するのに
連絡通路を新設してエレベーターでアクセスできるようにしました。
地下道にエレベーターを付けたらよかったのにと思われるかもしれませんが、この駅の地下道は一旦、階段を降りて踊り場で90度曲がってさらに階段を降りて地下通路を通ることになるので、
連絡通路を新設した方が工費が安くなるからだと思われます。
P1370640改札階のエレベーター乗り場です。
この駅のエレベーターは2基とも三菱製の11人乗りのエレベーターでこのエレベーターは改札階・下りホーム階・連絡通路階の3停止タイプです。

個人的には改札から下りホームは6段の段差しかないので、工費節約と上りホーム使用者限定にすることでランニングコストを抑えるために下りホーム分はスロープ設置でよかったとは思いますが、補助を出す兵庫県がOKならいいのでしょう。
 P1370637
その下りホーム用のエレベーター乗り場です。

今までは階段しかなかったので、下りホームで降りるときには先頭車両の前のドア(つまり運転席のすぐ後ろのドアになります)が最も便利と言っていましたが、エレベーター設置に伴い、先頭車両の真ん中のドアが最も便利ということになりました。
(後日、修正しようと思います。)
このホームの乗り場と改札階もしくは連絡通路階との間を利用する分は通り抜けになります。
P1370648りホーム用のエレベーター乗り場です。

今までは階段しかなかったので、上りホームで降りるときには一番後ろの車両の真ん中のドアが最も便利と言っていましたが、エレベーター設置に伴い、後ろから2両目の後ろのドアが最も便利ということになりました。
(こちらも後日、修正しようと思います。)

こちらのエレベーターは連絡通路階と上りホーム階との2停止タイプで、こちらは通り抜けタイプになっています。
P1370642
エレベーターとは直接関係がないのですが、駅の構内図です。
(1枚目の写真で自転車の上にある四角い白色のようなものが駅構内図を裏側になります)

エレベーター設置後の構内図であるのですが、写真では分かりにくいけれど点字付きです。

山陽電鉄は少し前までは明石も東二見もエレベーターがなかったですが、明石市内に限るとエレベーターかスロープでアクセスできる駅が増えたと実感します。

« Change Hanshin Dept.Part1 | トップページ | 阪神西九条駅からJR西九条駅への連絡エレベーター »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山電江井ヶ島駅:

« Change Hanshin Dept.Part1 | トップページ | 阪神西九条駅からJR西九条駅への連絡エレベーター »