フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« Change JR Zeze Stn.vol.2 | トップページ | SOS信号 »

2018年12月 8日

あいの風とやま鉄道 石動駅

P13901102018年11月27日、あいの風とやま鉄道石動(いするぎ)駅の新駅舎が供用を開始したと言うニュースを聞いて、石動駅に向かいました。

今までは北側に駅舎があり、駅舎側の下りホームと跨線橋(エレベーターのみ)と階段のみの跨線橋があり、これらを経由して上りホームと連絡していましたが、駅の南側には出入口の類のものはなく、駅の南側に住んでいる人は北側にある駅舎に行かないといけませんでした。
それが橋上駅舎になり、駅出口は北口と南口の2か所になりました。
こちらは南口になります。
まだ移転していませんが、「小矢部市民図書館」の文字があります。
P1390114南口から改札階(南北自由通路を経て北口にもアクセスできます。)へのエレベーターです。

エレベーターの入口に点字付きの駅の案内板がありました。

階段の方にも点字案内板があるのですが、この点字付きの案内板につながる点字ブロックは双方ともありませんでした。

残念。
ちなみにエレベーターは日立製の15人乗りのエレベーターになります。
P1390109公衆トイレは北側と南側に1ヶ所づつあります。
(改札内にはトイレはありません。)

写真は南側にある車いすトイレですが、北口にあるものと変わりありません。
(写真は北口にあるものも撮りましたがL字型の手摺の位置が左右反対というのを除き、同じ仕様のため省略します。)


 
P1390107ウォシュレットやオストメイト装置、ベビーベッド、チェンジングボードも備わったトイレになります。

もちろん、これらも北口のトイレに同じように設置されています。

ちなみにベビーベッドは赤ちゃんは壁と垂直になるように寝るタイプになります。



   

P1390124 こちらは北口になります。
今までの駅舎は建て替えられて、図書館となる予定で現在工事中です。

今までの駅舎の富山寄りにできています。
駅前整備の工事もあり、写真に写っていないところは工事だらけです。

こちら側に観光案内所があります。
なお、よく見ると今から工事が始まるのに北口にも
「小矢部市民図書館」の文字があります。
  
P1390119北口から改札階(南北自由通路を経て南口にもアクセスできます。)へのエレベーターです。

こちら側にはエレベーターの入口に点字付きの駅の案内板がありませんでした。

一応、すぐ上の写真の右下に点字付き駅の案内板はあります。
このエレベーターの奥に北口のトイレがあります。

更に前述の観光案内所もこの写真の右側にあります。
こちらのエレベーターも日立製の15人乗りのエレベーターになります。  


P1390127富山方面行のホームから改札階までのエレベーターです。

実は改札内のエレベーターは今回の新駅舎完成前に一足先にできていまして、跨線橋を通じて反対側にアクセスするようになっていました。

もちろん、駅舎の建て替えの計画の中に駅のバリアフリー化を考えていたとは思いますが…

今までは北側にしかなかった駅の改札口から入ると富山方面(下り電車)に乗る場合はエレベータを使うことなくアクセスできたのでエレベーターの位置にこだわる必要はありませんでしたが、これからは場所を把握する必要があります。
3ドア車である、2・4両編成の電車の場合は1番後ろの車両の1番前のドア、2ドア車である3両編成の場合は車掌の前のドアが最寄りのドアになります。
(2ドア車はステップがあるのでご注意を)

ちなみにエレベーターは日立製の11人乗りのエレベーターになります。
P1390092金沢方面行のホームから改札階までのエレベーターです。

このエレベーターも今回の新駅舎完成前に一足先にできていまして、跨線橋を通じて反対側にアクセスするようになっていました。

今回、電車の停車位置が変更になっていて、必然的にエレベーターの最寄りの位置が変更になっています。

先頭車両の真ん中のドア(3両編成の場合は後ろのドア)が最寄りになっています。
こちらのエレベーターも日立製の11人乗りのエレベーターになります。
ちなみに階段は先頭車両一番金沢寄りのドアになります。
なお、普段はどの車両に乗ってもこの駅のホームには屋根があります。
今まで、上りホームにあった待合室がなくなる予定なので足に自信の無い方が電車を待つとき、これから寒い思いをすることになるので、ホーム上の待合室は必要だと思います。
エレベーターを付けることだけがバリアフリーではないことを分かってほしいです。

« Change JR Zeze Stn.vol.2 | トップページ | SOS信号 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいの風とやま鉄道 石動駅:

« Change JR Zeze Stn.vol.2 | トップページ | SOS信号 »