フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« JR南吹田駅 | トップページ | 糠悦びな更新 »

2019年3月22日

JR梅小路京都西

P1400474おおさか東線の新大阪―放出間が開業した同じ日、JR嵯峨野線に梅小路京都西駅が開業しました。

京都と丹波口の間にあり、京都西という文字までなんでつけたんだろうというくらい梅小路公園のそばにあり、京都鉄道博物館前と名乗ってもいいくらいです。

おおさか東線の各駅を訪れたその足で京都に向かいました。
P1400471おおさか東線の各駅にはなかったホーム柵がありました。

特急が通過するこの駅は仮に快速が停車することがあってもドアの数は3ドアしかないので困ることはありません。

今回の写真は亀岡方面行きホームですが、当然、京都方面行のホームにもあります。
梅小路京都西駅は2面2線の高架駅です。
P14004881番線…嵯峨野線京都方面行のりば
2番線…嵯峨野線亀岡・園部方面行のりば

まずは1番のりばのエレベーターになります。
どちらのエレベーターも京都寄りの端にエレベーターがあります。

従いまして、京都方面行ののりばである1番線は先頭車両の1番前のドアがエレベーターの最寄りのドアになります。
ただし、嵯峨野線の京都駅は先頭車両にメインの改札や乗り換え通路があるので、最も混む車両にもなります。
P1400472次に2番のりばのエレベーターになります。

先程とは逆に最後尾にエレベーターがあります。
嵯峨野線の電車は4・6・8両編成がありますが、何両編成であっても1番後ろのドアになります。

エレベーターはどちらもフジテック製の15人乗りのエレベーターになります。
乗車定員がおおさか東線の各駅よりも多いのはやはり京都鉄道博物館や京都水族館のせいだろうと思われます。
P1400483どちらのホームにもエスカレーターがあるのですが、そのエスカレーターの改札階付近に車いすトイレがあります。

こちらの駅も隣同士に2ヶ所車いすトイレがあります。
広さも同日に開業したおおさか東線の新規開業駅と同じです。
また設備面も同じです。
こちらの写真ではオストメイト装置があり…
P1400484こちらの写真ではベビーベッド、ベビーキープ、チェンジングボードがあります。

個人的には2ヶ所あるから片方はベビーベッドではなくユニバーサルベッドにした方がいいと思うのですが、おおさか東線の時と違い、子供連れの客の多さを考えるとこの駅はユニバーサルベッドよりベビーベッドの方が重宝する人が多いのかなぁと考えたりします。
欲を言えば3ヶ所設置してそのうちのひとつがユニバーサルベッドがなんて思ったりもしたのですが…
P1400497この駅には他の駅でお目にかかれないこどもトイレがあります。

ショッピングモールではおなじみのトイレではありますが、駅で見かけたことはなく新鮮でした。
これがあるから車いすトイレもこれ以上の設置は難しいのかなと思いました。

これも京都鉄道博物館や京都水族館が目の前にあることが大きいのだと思います。もしかしたらこの設備は子供連れが多くいそうな駅の標準設備になってくるのではないかと思います。

« JR南吹田駅 | トップページ | 糠悦びな更新 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR南吹田駅 | トップページ | 糠悦びな更新 »