フォト
無料ブログはココログ
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 糠悦びな更新 | トップページ | 同じ過ち二度繰り返す »

2019年4月 4日

みどりの券売機×

2019年2月19日のJR西日本のニュースリリースで京阪神エリアの駅において、みどりの窓口は新幹線の駅や拠点駅などに集約し、みどりの券売機プラスによる遠隔で乗車券類の発売する方針を打ち出しました。

Midoriplus 京阪神エリアの駅約330駅のうち、現在みどりの窓口のある駅は約180駅で、将来、みどりの窓口を残すのは30駅ほど。
みどりの券売機プラスが現行の50駅から100駅にするとのこと。
そこで、みどりの券売機プラスに対面窓口であるみどりの窓口と同様に仕事をしてくれるのか試してみました。
これだけなら社長の定例会見後すぐに試してみればいいのですが、さすがに他の乗客のこともあるので悪戯で使うものではないので、大義名分が必要なため、機会を待っていました。

JR西日本は乗車券のみの購入の場合、基本的には自駅発の乗車券しか購入できませんが、既に何らかの乗車券を持っている場合、きっぷを提示をすることで途中駅発の乗車券を売ってもらえます。
(例)大阪駅で既に大阪-京都間の回数券を持っている場合、京都から先の乗車券を購入する場合。
自駅発の乗車券ではないのでオペレーターにつながないときっぷを購入できないのでオペレーターの呼び出しを押します。
「ただいま12人待ってます」
思ったより待たされます。
私のようにみどりの券売機プラスでないときっぷが購入できない人ばかりではないのでせめてみどりの券売機を1台追加で設置してみてはどうか?
第三者に自分のせいで待たせているのは肌で感じるのでちょっとしたストレスを感じます。
待たされていることをいいことに乗車希望区間を書いておきます。
やっとオペレーターとつながったとき無言でメモ書きをカメラに向かって見せると…
「割引証などを置く台に置いてください」と言われました。
「だめだこりゃ」と私は思いました。
実はこの実験、もうひとつの目的がありました。
みどりの窓口ならできる筆談をみどりの窓口プラスでは難しいということ。
メモ書きを見せることでどういう対応をするのか試してみたかったのです。
乗車券の購入そのものはできましたが、当ブログ的にはアウトです。
聴覚障害者にとってこの機械で乗車券を買うことが難しいと言わざるを得ません。
手話のできるオペレーターが営業時間内配置できないと思います。
そこで、私はオペレーターを呼び出すボタンとは別に聴覚障害を意思表示するボタン(例えば、耳マーク)を押すことによって、オペレーター側が文字情報をタッチパネル上に表示して案内をするようにプログラムと組みます。
場合によってはキーボードを使ってその場で文字にして相手に伝えることも必要でしょう。
聴覚障害なのですから割引証を置く台とかタッチパネルの外枠に点滅するものを設置して誘導しやすいように工夫する。
(「点滅しているところに障害者手帳を等級の分かるところを上にしておいてください」とか、乗車区間をカタカナで入力してくださいとか表示するのに必要。)
私のメモ書きのようにHP上に販売希望用紙をダウンロードしてプリントアウトしてすぐに発券できるようにあらかじめ記入してもらうなど協力方法もあると思います。
障害者割引の乗車券はネットでは購入できないし、100kmを超える乗車券は単独でも購入できるルールですので、購入場所を減らすなら購入方法を確立してから実施してほしいと思います。
今のままではみどりの券売機プラス(+)は+を45度傾けたペケ(×)です。

« 糠悦びな更新 | トップページ | 同じ過ち二度繰り返す »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

件名 新型コロナウイルスを増殖させてるのは、クソダニ米国のAI

拡散文書

【創価の魔の正体は米国のAI(人工知能)】

創価を日本統治に利用してる組織がCIA(米国スパイ、政府)

学会員は頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証)にやられてると思ってます

災難が続くと、信者は仏にすがって学会活動や選挙活動に励むので、定期的に米国のAlが軍事技術で災いを与えます

財務(お布施)に関しても、学会活動に励んだら病状が良くなるので、数百万、何千万円ものお布施をする信者がたくさんいます

Alが作った病気をAlが弱めて、あたかも病状が良くなったかのように見せかけ、莫大なお布施をさせる

10年前の創価の財務が年間2,500億円(無税)、1日あたり6億8,500万円

資産が10兆円超え、かつて世界1位の企業だったトヨタ以上の資産額

詐欺国の米国が、軍事技術でイカサマして集めたお金です

頭痛、腹痛、腰痛等の痛み全般、ワキガ等の悪臭、うつ病、認知症、統合失調症、自殺、殺人、事故、火災、暴風、豪雨、地震等、この世のほぼ全ての災いを、米国がAIを使った軍事技術で、秘密裏に作り出してます

北朝鮮を操ってミサイルを打たせたり、蚊を操って刺させたり等、第三者を介した攻撃や

雑菌を増殖させて耐え難い臭いにしたり、蚊、コバエ等の害虫を増殖させた嫌がらせもします

同じ手法で、新型コロナウイルスを増殖させてるのも米国

AIを用いたレジ不要のコンビニ

このコンビニは、人の動き、音声、商品棚の重さ等をAIが調べて、お客が商品を持って出ると、スマホで自動精算されるので、レジが不要

この仕組みからわかる事は、AIは多くの人の言動を見逃さずに、1度に管理出来る

このAIの技術を米国が悪用し、人工衛星を使い、地球上の全ての人を24時間365日体制で監視して、学会員や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

こんなに大規模な犯罪なのに、世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活を監視して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たから

重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等

スパイの犯行なので、相手に覚られず、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやる

【この犯罪の主犯は米国防総省、米国スパイのゴミども】

ピンポイント攻撃するGPSは、米国防総省が軍事目的で開発、管理運用もここがしてます

地球上の全ての人を管理してるAlを使ってスパイ活動するNSA(政府)も、米国防総省の管轄なので、この犯罪は米国による国家犯罪

騒音攻撃に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが遠隔から痛みを与えて病人を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、Alが警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように工作

「救急車、ノイズキャンペーン」「パトカー、集スト」等で検索すると出て来ます

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集ストは、AIが被害者の周りの人に周波を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです

いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的な痛手を負わせる

咳をした時の周波数と同じ周波を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます

TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます

これと同じように、周波数を変える事で、意識操作や精神疾患を作り出す

蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです

虫ですら周波で操作が可能

家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせ等も、AIが軍事技術を用いてやります

27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます

それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持つ

これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せます

周波(波動)は目に見えないので証拠が残りません、だからやりたい放題やる

国が関わって、周波が見えるメガネやアプリを開発したり、周波を見えるようにして、AIでこいつらの動きを監視すれば、この犯罪は激減します

この犯罪を終わらせる鍵は、宗教法人への課税と周波の見える化

https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 糠悦びな更新 | トップページ | 同じ過ち二度繰り返す »