フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 新たな発想? | トップページ | 大丸心斎橋店本館 »

2019年9月 1日

電話お願い手帳

Denwaonegai 部屋を掃除していたら電話お願い手帳が出てきました。

welfareにNTTドコモが出展していたころだから今年や去年ではなくもっと前の話です。

手帳の奥付けを見ると2010年版と書かれていたので10年近くも前の手帳です。

ドコモのブースで配布していたのでどういうものか実物を見て知りたかったので健聴者にもかかわらず入手しました。

実はこの手帳のアプリは存在していて、こちらから入れます。
(NTT西日本のぺージですが、NTT東日本も同じものがあります。)

アプリもあるし携帯メールが登場した時から聴覚障害者にとって有用なツールと認識しているので手帳そのものがもう過去のものと思っていました。

実は今も手帳そのものは発行しているようです。

手帳の色や細々した内容は変わっているとは思いますが、どこそこに電話をかけてほしいとか110番通報してくださいとか基本的なところは変わらないと思います。

先程貼ったリンクから変わらないであろう内容はダウンロードして印刷もできるのですが、製本済みの手帳と比べると耐久性は劣るし、写真の手帳にはある巻末の指文字のイラストやちょっとした文字盤はWEB版にはなく、ないと困る人が出てきそう。
ただ、この手帳、発行当初と違いNTTの窓口そのものが減ってきているので福祉事務所や福祉団体で入手と言うことになりますが、あまりにも抽象的過ぎてどこに行けばいいのか分かりません。
また、各自治体が発行している福祉の手引きに「電話お願い手帳」自体が記載されていない場合もあり、知名度が低いような気がします。
電電公社時代(発行して数年後にはNTTになりましたが)に発行されているので30年以上の歴史がありますが、いまだに第三者が所持している電話お願い手帳を見たことがありません。
もう少し知名度を上げていただかないと協力したくてもできません。

« 新たな発想? | トップページ | 大丸心斎橋店本館 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たな発想? | トップページ | 大丸心斎橋店本館 »