フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月22日

広島 - 呉 - 松山航路(シーパセオ)

P1430009 2019年8月1日、広島―呉―松山航路、瀬戸内海汽船の新造船SEA PASEO(シーパセオ)が運行を開始しました。

昔、この航路に乗船したことがありますが、松山側はボーディングブリッジがあり段差なしで乗下船できますが、広島側(広島・呉ともに)ボーディングブリッジがなく、車路から進入できても客室までは階段しかありませんでした。

それがこの新造船にエレベーターが付いたと知ったので乗船してみました。
P1430012 客室は2階で、1階の車両甲板からエレベーターでアクセスできます。

車に乗っている方は広島側も松山側もこのエレベーターでアクセスできます。

徒歩客の場合は広島側から乗下船する場合、車と同じルートをたどります。

もちろん、徒歩客の場合、普通なら歩車分離しているのですが、普通に徒歩客用の乗船口から乗船した場合、写真のエレベーターの裏側にある階段を降りてこのエレベーターにアクセスしなければいけないので、広島側で車いすの方が乗下船する場合、係員の誘導に従って車路でこのエレベーターにアクセスすることになりそうです。

P1430013 エレベーターはMHI下関エンジニアリング製で4人乗りのものです。
(三菱造船が100%出資している会社ですが、船そのものは神田造船所の製造です。)

駅などの建造物とは違い、安定していないものである以上、物理的なバランスをとる必要があるので、この船の大きさなら定員4名のサイズでも仕方がないと思います。
P1430023 船の案内図です。

他の場所にも案内図がありますが、先程のエレベーターの2階乗降口の隣ともう1ヶ所に点字付きの案内図がありました。
(もしかしたら私が見落としているかもしれませんが…)

見えにくいかもしれませんが、デザインもいいなと思っています。
P1430024 車いすトイレのドアです。

この内側のドアも同じことが言えるのですが、ノブを少し押してから横(この場合は左)にスライドさせます。

揺れるのが前提の船なので頑丈に作る必要性があるけれど、ただ、扉が重いと開けられなくなるので、丈夫でかつ開けやすいものにするのが難しいのかもしれません。
もしかしたら電気系統の故障を想定して敢えて開閉ボタン式のものにしなかったのかもしれません。
車いすトイレの向かいに授乳室があります。
P1430025 車いすトイレの中です。

新造船と言うこともありきれいです。

洗浄便座ではありますが、オストメイト装置は付いていませんでした。

思ったより個室の中が広かった印象を受けました。
 
P1430034 こちらは3階にあるデッキです。

こちらへは階段しかアクセスできません。

2階より高い分、見晴らしはいいのですが2階にも潮の香りが味わえる場所があるので、船の魅力を排除したわけではありません。

 
P1430017 車いすスペースは意外にも限られています。

先程の点字案内板と車いすトイレとの間にありますが、固定装置が低い位置にあるので介護者がこの位置で取り付けるのは厳しいものを感じてしまいます。

手摺に固定ベルトを付けて車いすに取り付けるだけでもいいのかもしれません。
客席の椅子の隣にはいずれのタイプも車いすの固定装置のついているものはなく、指定席ではない為、誰かが座っていたらおしまいです。
そして、意外と靴を脱いで上がるところも多いため、車いすの方は厳しいかもしれません。
この航路に関して言えば実はバリアフリー化が進んでいます。
共同運航している石崎汽船も2019年10月11日に旭洋丸と言うバリアフリー船が運行を開始し、来年にはシーパセオ2が運行予定です。
これから期待できそうな航路になります。

2019年12月 1日

阪神青木駅と深江駅

2019年11月30日始発より阪神本線上り魚崎-芦屋間の高架線が供用され、この間の踏切が解消。
また中間にある青木(おおぎ)駅及び深江駅が高架ホームになりました。
下りホームは既に高架されているので完全に高架駅になりました。
P1420769 青木駅は2面4線の島式ホームですが、普段は内側の線のみ使用します。

梅田方面行ホーム外側から1番線・2番線、神戸方面行ホーム内側から3番線・4番線になります。

1番線は主に梅田行の平日朝のみに設定されている区間特急の発着でこの駅で特急や快速急行の通過待ちをします。
4番線は区間特急がないのであまり使われることはなさそうです。
また、ホーム上の屋根はどちらのホームもホームの長さの分だけあります。

P1420771梅田方面行ホーム(1・2番線)のエレベーターです。

三菱製の11人乗りのエレベーターで、1番線の場合、停車するのは6両編成の区間特急ですので前から3両目の真ん中のドアが最寄りになります。
2番線の場合、4両編成の普通電車が停まるので前から2両目の梅田寄りのドアが最寄りになります。
(細かい話になりますが、1番線と2番線では停止位置が違うので、1番線に4両編成の電車が停まることがあったら最寄りのドアは前から2両目の真ん中のドアになります)
P1420742神戸方面行ホーム(3・4番線)のエレベーターです。

こちらも三菱製の11人乗りのエレベーターで停車するのは4両編成の普通電車のみですので前から3両目の真ん中のドアが最寄りになります。

どちらのエレベーターに乗っても2階の改札階で降り、地上階へは別のエレベーターを使うことになります。
ホームを見て気になるところと言えば…
P1420746 以前、このブログで紹介した高速神戸駅と新開地駅でホーム上にある点字付き構内図がありました。

同じ阪神の管理駅なのでここも点字付きの構内図になるのかな…と思ったら違っていました。

というより、点字付き構内図の類が少ないように思いました。
後述する深江駅も同様ですが、どちらもまだ工事が終了していないこともあってか、点字付き構内図は地上階の入口のみで改札階になかったのは不満でした。
改札から地上階までのエレベーターも三菱製の11人乗りのものでした。
P1420796 深江駅は2面2線の対向式ホームです。

こちらも下り電車は4両編成の普通のみで、上り電車は平日の朝のラッシュ時に梅田行の区間特急が停車する以外は4両編成の普通のみ停車します。

隣の青木で退避しているのでここでの通過待ちはありません。
深江駅は青木駅と違い、何番線かと言う表記はないので、梅田方面行ホームと神戸方面行ホームとします。
P1420776 梅田方面行エレベーターです。

こちらのエレベーターも三菱製の11人乗りのエレベーターです。

区間特急は前から4両目の梅田寄りのドア、普通電車は前から3両目の梅田寄りのドアが最寄りになります。
この駅は階段付近が狭いので区間特急の場合は前から5両目以降、普通電車の場合は1番後ろの車両での乗降はお勧めしません。
P1420798 神戸方面行エレベーターです。

こちらのエレベーターも三菱製の11人乗りのエレベーターです。

前から3両目の神戸寄りが最寄りのドアになります。
本当はもうひとつ前のドア(つまり、前から2幼芽の梅田寄りのドア)が最も近いのですが、エレベーターそのものでホームが狭くなっているので車いすの方の場合、お勧めしません。
この駅もホームの長さの分だけ屋根があります。
P1420758 車いすトイレについてですが、どちらの駅もおないような仕様のトイレでした。
(ですので写真は青木駅のものですがどちらも同じでした。一応、深江駅の分も撮りましたが…)

写真には映っていませんが、温水便座のリモコン部も壁面にありました。
今となっては標準装備に近いオストメイト装置もあります。
P1420759ベビーベッドとベビーキープもあります。

阪神の駅の車いすトイレによく見かけるのが入口付近にあるフラッシュボタン。

もちろん、便器付近にもあるのですが、何故か出入り口付近にあります。
電気のつもりでボタンを押すと「ジャー」と水が流れます。
両駅とも踏切が解消されたのでこれから踏切が撤去ということで安全に駅を行き来できるというのも細かく見ればバリアフリーなのかもしれません。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »