フォト
無料ブログはココログ
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« その発表ちょっと待った | トップページ | 松山- 呉 -広島航路(旭洋丸) »

2020年2月 4日

代替手段として採用されたエスカル

昨年の2月から、京阪伏見桃山駅前ビルの建て替え工事が始まっています。
この駅ビルの建て替え工事の為、京阪伏見桃山駅の地上階から地下改札階までの間のエレベーターが使えなくなっています。
(改札階からホーム階までの間のエレベーターは稼働しています。)
早い話、期間限定とは言え、今までバリアフリー化された駅だったものがバリアができたことになります。
P1430202 ただ、車いす利用者だと、代替手段としてエスカルと言う階段昇降機が設置されています。

エスカルについては製造元の大同工業のHPをご覧ください。

今回のケースはビルの建て替えと言う比較的長期間エレベーターが使えなくなるので、このような設置になったのだと思います。

これからエレベーターの更新工事で1ヶ月ぐらい使えなくなった時、このエスカルをエレベーターの代替手段として使ってみるのはどうだろうか?

1ヶ月のために設置工事及び撤収工事が必要なので割に合わないかもしれないけれど、鉄道会社としたら係員を増員する必要がありますし、製造メーカーとしてもレンタル料で開発費を回収することができます。
レール部分は各施設によって長さがまちまちですが、かごは基本的には変わらないので、エレベーターの設置によって今まで設置していたエスカルが撤去された駅もあるのでレンタル品として転用できると素人ながら思ってしまいます。
また、臨時で付けるものなので期間限定で開設する施設にも用途はありそう。
製造元としたら不愉快な提案かもしれませんが、エレベーター設置駅が増えた現在、エレベーターの更新工事の代替手段としての活用を考えてもいい時期が来たと思います。

« その発表ちょっと待った | トップページ | 松山- 呉 -広島航路(旭洋丸) »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その発表ちょっと待った | トップページ | 松山- 呉 -広島航路(旭洋丸) »