フォト
無料ブログはココログ
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« Osaka Metroなんば駅4番出口のスロープ | トップページ | バス停こそのりば表示が必要 »

2020年3月23日

富山つながる、ひろがる。

P1430447 2020年3月21日。
富山地方鉄道富山市内線と富山港線が直通運転を開始しました。

JR富山駅の北側と南側を走っていた両線が高架下で繋がったのですから地元ではかなりのニュースになりました。

実は私も貰いましたがこのことが書かれた読売新聞の号外が配られていました。

このブログを書き始める何年も前の話のこと。
私はバリフリーの面から路面電車に否定的でした。
上り下りは少ないかもしれないけれど路面電車に乗るにはかなりの段差があって車いすでは乗れなかったからです。
既存の車両を全車バリアフリーにするより既存の車両のままで乗降を手助けする設備を講じたほうが現実的だからと思っていました。
それが、富山ライトレール開業でまさかの全車バリアフリー車両。
路面電車に対する考え方が変わりました。
JRやあいの風とやま鉄道の改札口から出てすぐの場所に電停を作り、直通運転を逸しするのは垂直移動の軽減だけではなく物理的な移動距離も減らしています。
あいの風とやま鉄道富山駅に関しては酷評しましたが、こちらに関しては評価したい。
JR富山駅が地上駅だった頃、富山ライトレールは駅の北側で富山地方鉄道は駅の南側にあり、地下道を通って行き来しなければいけなく、しかもエレベーターがどこにあるのか分かりにくいものでした。
それが富山駅が高架になると劇的にアクセスが良くなって今回の南北接続になったわけですから感心します。
P1430448 ちなみにこの南北接続の1ヶ月程前、富山地方鉄道と富山ライトレールは合併しており、この接続を機に富山港線の部分も駅ナンバーリングが実施されています。
環状線のグランドプラザ前がC25と付与されているので富山駅から岩瀬浜に向かってC26から附番されるのですが、既に新駅設置が決定しているためC26とC28は欠番となっています。

移動距離そのもので言えば、一つ残念なことがあります。
岩瀬浜行ホームですが、現在、5番のりばと8番のりばに分かれています。
5番のり場と8番のりばの間の6・7番のりばは同じホームで降車専用になっています。
5・6番のりばと7・8番のりばと同じレールを挟み込んでいるため、外側を降車ホームにした方が降車客を電停の外に出すために有効であるばかりでなく、繰る電車によってホームをあちこち移動させるよりいいと考えます。

乗り換えなしでいろんなところに行けるのは移動距離の短縮によるかなり広義な意味でのバリアフリーだと思います。
ただ、案内類が分かりにくいとかえって混乱するのでわかりやすい案内サイン、ダイヤを組むのがこれからの課題だと思います。

« Osaka Metroなんば駅4番出口のスロープ | トップページ | バス停こそのりば表示が必要 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Osaka Metroなんば駅4番出口のスロープ | トップページ | バス停こそのりば表示が必要 »