フォト
無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 最寄駅からの車いす移動 | トップページ | 尼崎駅の八百屋さん »

2021年8月 1日

大阪駅南口駅前広場にできたエレベーター

大阪駅前第4ビルから地下道経由で大阪駅に行った時のこと。
大阪シティバスの乗り場付近に上がる階段付近にお年寄りが並んでいました。
Osakastnevb1 何でだろうと思ったら、エレベーターを待っている人たちでした。
 
そういえばここにエレベーターなんてなかったなぁと思ったら思わすスマホを取り出して写真を撮っていました。

地下1階のエレベーター乗り場は阪神百貨店や地下鉄梅田駅の南改札口から近いこともあって、できて間もないのに稼働率がなかなか高いというイメージです。
 
阪神百貨店の建て替え工事と並行に阪神梅田駅やその上にある地下道の拡幅工事も行っていて先に出来上がったエレベーターだけでも動かして利便性をあふぇる姿勢に感心します。

このエレベーターの地下1階は日付の変わってすぐの午前0時20分から午前4時40分まで停止しません。

「地下1階は使えない」という表現を用いたのはこのエレベーターは1階と2階にも停まる3停止タイプのエレベーターだから。

1階は大阪シティバスの乗り場付近ですが、2階は歩道橋階で大阪駅のサウスゲートビル(大丸梅田店のある建物)の2階にダイレクトに連絡しています。
Osakastnev1f 1階のエレベーター乗り場です。
 
大阪駅の入口と思われるところから結構離れているのですが、一応、大阪駅の構内扱いのようで、このエレベーターのそばにあった案内図には本記事のタイトルにもなっている「大阪駅南口駅前広場」となっていました。大阪駅周辺の地下街の階段番号は7-30号階段で、地下鉄梅田駅18番の出入口と共用しています。
(ちなみに投稿時においてOSAKA MetroのHPには当記事のエレベーターのことは掲載されていません。)
 
特に阪神梅田駅から大阪シティバスの守口車庫前行き(毛馬経由・都島区役所前経由とも)、井高野車庫前行き、加島駅前行きは1階のエレベーター乗り場に近いうえに本数も多いので重宝する人が多そうです。
阪神梅田駅のエレベーターだと地下1階経由でも2階経由でもたどり着けますが、天候と視認性を天秤にかけてルートを選択したらいいと思います。
Osakastnev2f 2階のエレベーター乗り場になります。
先述したサウスゲートタワービルにも行けますし、阪急や阪神百貨店の2階にもアクセスできます。歩道橋なので屋根がないので暑かったり、雨が降っていると歩道橋は嫌ですが、地下だとエレベーターの位置関係が分かりにくいと言ったことがありますし、地下鉄駅があるために大回りを強いられることがあるのも否定できません。
 
そういう意味では、バリアフリーの質が向上したともいえます。
 
なお、このエレベーターは三菱製の20人乗りのエレベーターになります。
梅田はまだまだ工事箇所が多く、工事が終わればバリアフリーの地図も変化していきます。
その変化についていけるように情報の上書をしていきたいと思います。

« 最寄駅からの車いす移動 | トップページ | 尼崎駅の八百屋さん »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最寄駅からの車いす移動 | トップページ | 尼崎駅の八百屋さん »