フォト
無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 尼崎駅の八百屋さん | トップページ | 叡電貴船口駅 »

2021年9月 8日

えちごトキめき鉄道えちご押上ひすい海岸駅

Echigooshiagehisuikaigan_annai 2021年3月13日、えちごトキめき鉄道糸魚川駅と梶屋敷駅との間にえちご押上ひすい海岸駅が開業しました。
 
開業そのものは知っていましたが外出ができなかったので今まで現地に行けませんでした。
 
外出宣言したので気軽に外出できます。
(私の家から気軽に行ける場所ではありませんが)

早速バリアフリーチェックをしたいと思います。
Oshigami_kudari_plathome まず下りホーム(直江津・新潟方面行のりばのあるホーム)からです。
 
この駅の特徴は上りホーム(糸魚川・富山方面行のりばのあるホーム)と下りホームで入口が違うのはもちろんですが、ホームの配置が千鳥式になっていて本来あるはずの上りホームが下りホームの向かいにありません。
後述する県道221号を挟んだ東側に下りホーム。西側に上りホームがあります。上り・下りともホームの長さは車両2両分で入口から近い1両分のみホーム上に屋根があります。
なので、全列車ワンマン運転であるこの路線だと2両編成の場合、屋根のないところから出ることとなります。
Oshigami_kudari_slope 下りホームへアクセスできるスロープです。
 
平屋構造のホームですが、スロープが長いのが特徴です。
スロープが長いのも文句を言う人が出るかもしれませんが、反対に傾斜が緩いので、手動車いすで自力で操作する方には楽です。
個人的にはこんなに長いスロープで屋根がないと降雪時、雪が積もって除雪するのが大変という雪国ならではの問題が出てくるのではないかと思います。この地域には雁木というのがあり、雪の積もった日に雁木の下を通るのが珍しくなかったから。
ちなみにトイレや待合室のようなものは上りホームの方にしかありません。
Oshigami_closs この地点は上りホームへの入口から下りホームの方向に撮影したものです。
目の前の道路は県道221号です。
 
写真では分かりにくいですが、横断歩道の類のものは現場の南北に離れたところにあります。
 
さすがに踏切の直前に横断歩道は車の往来の関係でよろしくないのでここに横断歩道がないのはしかたがないでしょう。
しかし、こうやって見るとスロープが長いのでホームをスロープの方向に伸ばしていたらコンパクトで運用列車の編成如何で乗降車位置に変更がないので便利だと思いました。
Oshigami_nobori_tenji 個人的に気になったのは上り側にある点字付き構内図です。
 
上りホーム側にはスロープが途中で2方向に分かれるのですが、先程の県道の近くにあるスロープではなく、遠い方のスロープ入口になります。

ちなみに下りホーム側はスロープがひとつしかなく、酢ロープの傍に点字付き構内図があったので問題はないのですが、設置場所が違うのではないかと思います。
県道側の入口とこちらの入口と間にトイレがあるのでトイレを通り過ぎてからトイレの位置が点字で表示されるといったチグハグな設置になっています。
もちろん、こちらの入口から利用する人もいるでしょうが、自転車置き場しかないような場所から視覚障害者が利用するケースよりはアクセスができる県道側からアクセスする人の方が多いと思います。
Oshigami_nobori_slope こちらは上りホームの入口から見たスロープです。

見にくいかもしれませんが途中で180度折り曲がる形で分かれています。こちらのスロープも長いのは下りホームと同じです。

右上に写っている高架は北陸新幹線の線路になっています。この高架下あたりに自転車置き場があります。
写真そのものは撮っていますがホームへはスロープだけではなく階段も存在しています。ただ、アクセス道路がスロープの方が便利な位置にあるため敢えて階段を利用しようとは思えません。
Oshigami_wc_toilet1 最後に車いすトイレを紹介します。
 
狭い空間を利用しているので最近の車いすトイレにしてはちょっと狭いというイメージです。
 
便器の左側にあるシャワーのようなものがオストメイト装置になっています。
なので、洗面台のような大きさのオストメイト装置があるわけではありません。
Oshigami_wc_toilet2 このブログを書き始めたころはオストメイト装置そのものがまだ珍しかったのであるだけでもいいと思っていましたが、これからはオストメイト装置がどういうタイプなのか表示させることが必要な時代が来るのかもしれません。
久しぶりにバリアフリーチェックをしたからか気合が入って辛口になった感はありますが、駅から東に1.2km行くと地域の総合病院があるので通院需要が見込めると判断して駅が建設されたわけですから通院客が利用することが前提でトイレも整備してほしかったです。

« 尼崎駅の八百屋さん | トップページ | 叡電貴船口駅 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尼崎駅の八百屋さん | トップページ | 叡電貴船口駅 »