フォト
無料ブログはココログ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月24日

JR四国8600系電車

Jrshikooku86001 写真は高松駅で撮影した特急いしづち103号です。
 
岡山―松山を走る特急しおかぜと高松―松山を走る特急いしづちと同じ車両で走ります。
両列車とも本記事のタイトルの通り、JR四国8600系の車両で走る場合と旧タイプのJR四国8000系の車両で走りますが、今回乗車した列車は前者になります。
 
8600系は3両編成と2両編成があり、それらの組み合わせで編成数を調節します。
今回乗車したいしづち103号の場合、2両編成の車両を2つつないで4両編成の電車として運行していました。
 
Jrshikooku8600215年前に書いた記事では特急しおかぜの自由席に車いすスペースがあり、車いす利用者がそのスペースに座れないことを嘆く内容でした。
 
特急しおかぜの場合、旧タイプの8000系電車は今も自由席に車いすスペースを設置していますが、8600系電車は指定席・自由席各1席を車いすスペースにしています。
それと比べていしづち103号は2席とも自由席です。
松山方から4・5・6・8号車(7号車は基本的に欠番)で4号車と6号車に車いすスペースがあります。個人的には編成の向きを逆にして5号車・8号車に車いすスペースにしたら5号車を自由席、8号車を指定席にできるのになぜしないのか理解に苦しみます。ちなみに8号車を指定席にしたのは今も8号車を指定席にしているからで、高松駅の駅構造で8号車が改札口に近いからお金をより多く払っている指定席の乗客を便利なところに案内するのが筋だから。
Jrshikooku86003 そして車いすスぺ―スのある座席の通路を挟んだところは2席分のスペースがあります。
 
車いすから座席に移乗しない/移乗しづらい方が利用しやすいようになっています。
 
今となっては在来線の車内販売自体が無くなっているので関係がないのかもしれませんが、車いすを折りたたまないで車いす席の隣に置いていたら車内販売のワゴンが通れないということがありました。
Jrshikooku86004 上を見ると「車いすスペース」と書かれています。
 
ちなみに反対側の1席分だけ席がある方は12Aという座席番号が振られています。
一応、車いす固定装置(という名の金具)が付いています。


 
Jrshikooku86008 この車いすスペースですが、ただの欠番だけではないのが評価できます。
 
と言うのもこのスペースに非常通報装置が付いています。

写真は座席がある方ですが座席のない方にもついています。
 
Jrshikooku86005 車いすスペースと同じ車両にある車いすトイレです。
 
手摺が固定なので移乗しにくいとは思いますが動くものであるから安定している方がいいという判断だったのでしょうか?
 
オストメイト装置は便器の背面に折り畳みの蛇口があり、使用の時には蛇口を下げて使うタイプです。
ウォシュレットもついているのもありがたいです。
Jrshikooku86006 ベビーベッドやチェンジングボードがついています。
 
列車のトイレでチェンジングボードがあるのは珍しいと思います。
 
しかし、比較的広い個室の影響を受けるところがありまして…

 
Jrshikooku86007 個室の外にある洗面台です。
 
個室が広くなった分、洗面台に行く通路幅が狭くなっています。それに比例して洗面台そのものもこじんまりしています。
 
それでもあと一歩ということは否めませんが、バリアフリーもただ単に用意すればいい時代ではなくなってきたと思います。

2021年11月23日

広島 - 呉 - 松山航路(シーパセオ2)

Seapaseo2_1 2020年8月1日、広島―呉―松山航路、瀬戸内海汽船の新造船SEA PASEO2(シーパセオ2)が運行を開始しました。
 
本当はもっと前に乗船したかったのですが、諸事情があり、今になりました。
 
この船が公開する1年前にシーパセオが航行を開始したので、どれだけ違いがあるのかなと思い乗船してみました。

正直言ってこの写真では、2019年製か2020年製か分かりません。
Seapaseo2_2 なので、この写真でシーパセオ2と書かれているので判断していただけたらと思います。
 
とは言え、結論から先に言えば、製造年と名前が違うだけで素人目には違うの分からないものでした。
 
逆に言えば、同じ船舶会社の船ならシートなどの差異が認められないことから1本乗り過ごしてもこっちの船がいいというようなことはなさそうです。
Seapaseo2_3 車両甲板のある1階のエレベーター乗り場です。

「SEA PASEO」と「2」の文字がありませんが、ボタンの位置や客室への看板の位置が違います。
(当然のことながら違いが微々たるものでしょう。)



 
Seapaseo2_4 こちらは客室のある2階のエレベーター乗り場です。
 
この時に気になったのは、松山観光港から乗船しましたが、ボーディングブリッジを使わなかったのでこのエレベーターを使った人はこのエレベーターに乗ってみたかった私以外はお目にかかれなかったことです。



Seapaseo2_5 で、物好きな私がエレベーターに乗りたかったのはエレベーターそのものの情報です。
 
エレベーターはMHI下関エンジニアリング製で4人乗りのものです。
(三菱造船が100%出資している会社ですが、船そのものは神田造船所の製造です。)

まったく同じ船なのでエレベーターの製造メーカーも造船メーカーもSEA PASEOと同じです。
Seapaseo2_6 2階のエレベーター乗り場のそばにある案内図もSEA PASEOと同じです。






 
Seapaseo2_7 車いすトイレのドアも写真を撮ったアングルと時刻が違うだけでSEA PASEOと同じです。






 
Seapaseo2_8 車いすトイレの中です。
 
ここまでくると間違い探しのレベルになりますが、ベビーベッドが違います。
 
とは言うものの機能的に変わらなさそう。
1年の間にベビーベッドそのものを作っている会社がモデルチェンジしたのかもしれません。
 
Seapaseo2_9 同じトイレの別角度から。
 
基本的には変わりませんが、コロナ禍ということもあり、エアタオルが使用できないようになっています。

これが再び稼働する日が来てほしいと思うのは私だけではないはず。

 
Seapaseo2_10 車いす置き場になります。
 
これもアップで取っているか広範囲に撮っているかの違いであってこれも変化がありません。
 
残念なことにこのブログの仕様により、1記事10枚の写真しか上げられないので他にも写真を撮っているのですが公開できませんが、客室の様子を書かせていただくと、SEA PASEOと違いが分かりませんでした。
とにかくバリアフリー化された船が航行されるのはいいことだと思います。

2021年11月19日

神鉄大池駅

Kb12oike1 2021年2月1日に神鉄大池駅の下り(有馬温泉・三田方面)の駅舎が供用開始されたニュースを思い出し、現地に行ってみることにしました。
 
地元以外の方が利用することはあまりないと思われますが、それでもバリアフリーの情報があればどこにでも行って確かめたい性格なのです。

今までは上り(新開地方面)側にしか駅舎が無く、下りホームから構内踏切を渡って上りホームに行ってから改札を通る状態でした。

その構内踏切を渡るには数段の段差を上り下りをしないといけないのでバリアが存在していました。

下り駅舎を新設して構内踏切を廃止してバリアフリー化したというのが今回の記事になります。
 
Kb12oike2 三田・有馬温泉行の電車に乗ったら、最後尾のドアが改札口へのアクセスとなるスロープになります。
 
スロープだけにしていて、段差はゼロです。

支柱が邪魔だという声はあるとは思いますが、このスロープの前に存在していて架線を支えるものなので仕方がないでしょう。
 
Kb12oike3 車いすトイレとスロープの間に改札機があり、電車から降りてトイレに行くには改札機の横を通り過ぎて奥に設置してあります。

これもヘンテコな構造かもしれませんが、用地の関係で仕方がないでしょう。

駅舎ができて半年ちょっとしか経っていないこともあり、きれいでした。
そしてスペースに苦労したと思われますが、個室そのものの広さはそれなりにあると思います。

構内踏切を廃止したため、改札機は上り下りと分かれていてこの設備は下りにしかありませんし、下りには普通のトイレはありません。
ちなみに大池駅は基本的には無人駅なので駅員にトイレを借りに改札内に入れてもらうことは難しいです。
Kb12oike4 新しいトイレだけあって、オストメイト装置とユニバーサルベッドが付いています。
 
ベッドは横に倒すタイプで、個人的には感覚的にこちらの方が安定しているように思えて好きです。
 
そしてベッドのそばにオストメイト装置があるのは高評価です。
オムツ交換などでお尻を拭いたらすぐに処置ができるメリットがあります。
写真は神鉄長田駅の物ですが、Kb12oike5この駅にも聴覚障害者にも対応している案内端末機です。
 
黄色い呼び出しボタンを押して、聴覚障害の方はさらに液晶画面にタッチすると筆談対応をできるようになります。
 
筆談メモを用意してあり、メモしたものを証明書を置く装置が呼び出しボタンの右にあります。
 
メモそのものが証明書置きのスペースに合わせているのがミソです。
 
これが改札内外に設置されているのが高評価です。
ただ、この駅にも残念なところがあります。それは上りホームです。
Kb12oike6 先述の通り、構内踏切を廃止しました。
 
写真の通り、柵がしてあり、通行ができないようになっています。
 
そして、この上に屋根がありません。構内踏切を廃止したのだからホームを改札方面に延伸できるのです。
雨が降った時の車いす利用者のレインコートの着脱は大変で上りホームで下車する場合、電車内でレインコートを着ることになります。
Kb12oike7 そして、このホームの後ろ2両は写真の通り、ホーム幅が狭いです。
 
ホームを前に延伸したらこの狭いホームに停車する必要はなく、乗客の安全につながると思います。
 
経営は大変だし、バリアフリー化されていない駅も珍しくないけど前向きに検討してほしいです。

2021年11月16日

Change Hanshin Osaka Umeda Stn. Part1

Hs01osakaumeda1 2021年10月30日にが阪神大阪梅田駅1番ホームが新しくなったので行ってみることにしました。
しかし、行ってみたのはいいものの、1番ホームから出発する電車は土・日だと朝の2本のみでそれ以外は立ち入りできないので行ける日を待っていました。
(平日だとラッシュがあるので写真を撮れないので止めました。)

阪神大阪梅田駅の駅構造は下りエスカレーターができたり、改札外にエレベーターができましたが、駅構造は基本的に私が小学生のころから変わっていないので、この駅改造がかなり大掛かりのように思えた光景です。
Hs01osakaumeda3 さすがに午前5時台とあって阪神大阪梅田駅と言えど乗客は少ないです。
 
現段階で梅田方の先頭車両の最前のドアがエレベーターの最寄りのドアになります。
 
エレベーターに関する記述は昔のブログ記事に書いていますのでここでは割愛をさせていただきます。
そして、今までの阪神の駅にお目にかかれなかったものと言えば…
Hs01osakaumeda2 可動式ホーム柵です。
 
個人的にラッシュ時の事故リスクが上がるのでホームドアの類に否定的なのですが、視覚障害者にとって有用とは思います。
 
近鉄との乗り入れの関係で尼崎以西の快速急行の停車駅にはホームドアの類の設置は難しいと考えています。
神戸三宮駅は快速急行が停車するホームには可動式ホーム柵はありません。
Hs01osakaumeda4 個人的に気になったのは点字誘導タイルがホーム柵のところにしか敷設されていないところ。
 
先程の写真には点字誘導タイルが貼られていますが、あくまでも東改札口に最も近い最後尾の後ろのドアの部分だけです。(梅田行きの電車の場合、先頭車両の最前のドアになります)

ここから乗車する場合、御影で下車するような場合、ホーム幅のない場所で降車と言うことになるので、車いすの乗客だけでなく、白杖の乗客にも降車するのに危険だと思うのですが、どうなんでしょうか?
Hs01osakaumeda5 まだまだ工事が終わっていないのですが将来は西改札口の方にもエレベーターが設置される予定。
 
一応、2番のりばにアクセスできる通路が所どころあります。
 
バリアフリーの観点からは現段階では意味がありませんが、混雑時に2番のりばに迂回する方法もあるので知っていても損はないと思います。
ホームの色が全く違うのが分かると思います。
こちらはHs01osakaumeda6西改札口に向かう階段です。
(東改札口は電車のりばと同じフロアですが、西改札口は電車のりばの1フロア上、つまり、地下街と同じフロアになります。)
 
階段は昭和の時代からあるものです。
 
ここでも西改札口に向かう階段から最も近いドアまでしか、点字誘導タイルが設置されていません。
Hs01osakaumeda7 最後の写真は神戸方先頭の部分です。
 
工事が続いているせいか、ホーム幅が他よりも狭く現段階ではこのホームに停まる列車に乗った場合、最も勧めない乗車位置になります。
 
エレベーターができたときにはこの情報は間違った情報になるので情報の上書きが必要になります。
取りあえず目に見える形で阪神大阪梅田駅が変わりました。
また変化があれば続報を流したいと思います。

2021年11月 9日

JR新城駅

Cd11shinshiroekimeihyo 2021年11月7日にJR飯田線新城駅にエレベーターが完成、供用を開始しました。

珍しく日曜日に供用開始したので早速現地に行ってみることにしました。

新城駅には久しく行ってなかったので、エレベーターが供用開始するJR東海のニュースリリースを見るまで知りませんでした。

跨線橋を取り替えてエレベーターも設置出来るようにしてました。

それまでの間、エレベーターや跨線橋と全く反対側に構内踏切経由でホームと改札を行き来してたみたい。

豊橋から来た場合、何両編成であっても1番後ろのドアがエレベーターの最寄りのド
アになります。
Cd11shinshiroslope 飯田から来た場合はホームと改札が同じなのでエレベーターに乗る必要はありませんが、改札に行く場合はスロープか段差があるのでスロープのある先頭車両の真ん中のドア(2ドアの場合は後ろのドア)から降りてください。

エレベーターを使う場合、跨線橋を渡る形になるので、必然的にエレベーターに2回乗る事になります。
 
Cd11shinshiroev エレベーターは2基とも三菱製の11人乗りで普通のエレベーターです。
跨線橋の階段も段数が多くなって、1段が若干低くなった気がします。




 
Cd11shinshirojokojo 駅前も変化があり、送迎車が駅に停めやすくなっていました。

特に車いす利用者を送迎するにあたって、屋根があり、駅舎内まで続くスロープの上も屋根があるのは感心しました。

ただ、駅に車いすトイレの類が見られなかったけれど、いずれ必要になると思います。
 
Cd11shinshiroclose 今、構内踏切につながる通路はフェンスで閉ざされましたが、これは業務用のスロープ&構内踏切のまま使用し、エレベーターのメンテナンスや取り替えの時にいつでも使えるようにして欲しいです。

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »